枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

その腰痛あきらめないで!~整形外科で加齢や手術と言われても・・・

腰痛は、筋肉が傷んでいるものと、骨が傷んでいるものに大別できます。

筋肉系は「いわゆるギックリ腰」、背中が伸びにくい、曲がりにくいなどです。

骨系は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などです。

腰だけでなく、お尻や足にまで痛みが広がると、病院や整骨院で「坐骨神経痛ですね」と言われたりします。

この「坐骨神経痛」は結構ショックな言葉のようです。

「神経痛」というのが「もうアカン、歳や~」と思われます。

しかし「坐骨神経痛」というのは、実は病名ではありません。

「坐骨神経痛の原因」が病名になりますが、病名を確定するのは容易ではありません。

例えば、レントゲン画像で先生が言われるのは、あくまでも「椎間板ヘルニアの可能性」です。

MRI画像をとると、椎間板がはみ出していることはわかりますが、それでも痛みの原因が椎間板がどうかはわからないのです。

椎間板ヘルニア画像

ではどうすれば確定診断になるのか?というと、神経根ブロックをしてみて痛みが変化するかどうかです。

もし、椎間板が出ているところに注射を打って、痛みが消えたら、椎間板が原因と確定します。

「整形で椎間板ヘルニアと言われた、痛み止めの注射を数回やってダメなら手術」

「でも手術はできればしたくない」という方が鍼灸に来られます。

鍼灸で痛みが軽減するなら、椎間板ヘルニアが痛みの直接の原因ではないわけです。

鍼灸をやっても、何も変わらないのなら、やはり整形にお任せしたほうがよいのです。

整形で一応の病名をもらって、手術適用と言われても、鍼灸で痛みが消えていくことが多々あります。

整形と鍼灸・整体などの一番の違いは、腰痛といっても体全体をみるというところです。

そして、特に鍼灸は東洋医学的にもみる、内臓や精神的なものも考えていくというところに、別の解決方法が見つけやすいのだと思います

具体例は次回に。