枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)

枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)
枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院、レディース鍼灸リブレ。不妊・妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期等女性一般鍼灸や女性整体にも対応。

院長コラム

今の気持ち

愛を発動しよう

愛について語れるほどの経験はありませんが、幼児期の愛の欠乏感、飢餓感を埋めようと頑張ってきたように思います。

両親への愛、パートナーへの愛、子供への愛、仕事への愛、友人隣人への愛、ペットへの愛・・・・

愛は本来、捧げっぱなしで、捧げた事さえ忘れてしまう、というのが理想です。

でも、なかなかそうはいかないのが、普通の人間。

これだけ愛したんだから、あなたも愛して

もっと関心をもって

優しくして

もっと認めて

これくらい許して etc.

イライラ

そして、それが叶わないと、不安、怒り、憎しみ、悲しみが発動します。

だって、自分の中からあふれ出てくるほど、愛の貯金がないんだもん。

その愛の貯金は、親からもらえたらラッキー、もらえなければ、自分で貯めるしかない。

それは、自分の中にある愛に気づくこと。

眠っていたら起こしてください。

必ずいます。

私は誰を笑顔にしたいのだろう?

私は誰と一緒に喜び合いたいのだろう?

私は誰と一緒に過ごしたいのだろう?

ハート

自分に愛が欠乏してると感じたら、これらの質問をいつも投げかけてください。

今まで、不安・怒りなどの感情を確認する回数が、圧倒的に多かっただけなのです。

この質問を投げかけている時の、幸せ感(感じで十分)を反芻しましょう。

そうすると、愛の貯金は貯まっていくように思います。

そこそこの年齢になったら、次の段階をクリアしましょう。

それは「許す愛」

葛藤のあった人に対しては、とことんその人の身になることです。

葛藤が起きるのは、お互いが持ってる「心の傷」に触れ合うから。

いつも同じ人にカチンと来る時は、自分の傷をえぐってこられる感じ。

「この感じ、ずっと前にどこかで感じたような…」と幼少期の思い出を手繰り寄せられたら、半分以上解決です。

次に相手の事を理解しようと試みること。

離れてしまっていい相手なら、そんな手間かけなくてもいいんだけどね。親兄弟というと、そうもいかない。

相手が「困ったちゃん」なら、「困ったちゃん」にならざるを得なかった歴史があります。

どんな環境に育ったか、親の関わりはどうか、兄弟との関わり・親からの位置付けはどうだったか?

成人しても友人、仕事上、夫婦関係などで、大きく傷つき、いびつに自己保身する癖を身につけたかもしれません。

悩む老夫婦

年を取ると、毎日生きていくだけでもしんどい、体が弱っていく不安、死ぬのが怖いなど、向き合いたくない不安が、他者攻撃になります。

そうして辿っていくと、えげつない言葉は、止むに止まれぬ「自己保身」かもしれない…

「あーそうだったのか。しんどかったんやろなぁ」と思い至ると、許すことができます。

私はラッキーなことに親が早く逝ってくれたので、この作業は楽でした。

今、介護の真っ只中にある場合、日々新しい葛藤が生まれるので、問題は上級編になります。

その代わり、生きている間に、関係改善が間に合えば、最高ですよね!

だから、常に愛を発動させる発想を、癖にしてください。

自分の愛の貯金が底をつかないように!

もう無理だと思ったら、リブレに来てね~

愛を発動させる体にしますよ。

(↓別サイトへリンク)

奇跡を呼び込むマインド~わがままに自分を満たすことから

鍼灸院をお探しの方は、何らかのお悩みがあるはず。

今の状態をなんとかしたい!(してほしい!)
ちょっと体の後押しをしてほしい
今のままでは何となく不安・・・・etc.

元気が出ない、思うような結果が得られないといって自分に×をつけていませんか?

この私の、1年間の変化をお話ししましょう。

実は周りの状況はほとんど変わってないのですが、自分の中の幸福感はめちゃ上がりました。

それは自分に○をつけてやるクセをつけたから。

今までは、できてないことに注目して、

「あの方、なかなか元気になってもらってないな」
「あの方、まだ妊娠しないな」
「今日も家の掃除ができなかったな」

と自分に一生懸命×をつけてました。

自分を責めていることを、「向上心があるから」だと思って、「しんどいのに頑張ってること」を良しとしていました。

それ、やめました(笑)

できないってことは、発展途上だというだけです!

そのうちできるかもです。

結果主義もやめました!

うまくいった時だけほめることにしたら、人生にそう何度もほめるチャンスはやってこない。

行動や結果までたどり着けなくても、その前の段階も認めていくのです。

あ、これに気づいてよかった!
ヤル気になっただけえらい!
後悔するのは、ヤル気があったからやん!

「呼吸するように自分をほめる」と教えてもらいました。

そうすると、何が変わるか?

「誰が認めてくれなくても、私は私のままでいい」という気持ちが生まれます。

やりたくないことをしなくなるので楽!
~しなければ、と思わなくて苦しくない!

だから、愚痴・不平・不満・不安が減り、気持ちの揺れが小さくなります。

自分の今の選択に自信が持てなくて迷うと、夢は逃げていきます。

迷うのは周りのことを考えすぎてるから。

自分を満たすと、自分の本音に従えて迷うことがない。

まっすぐな気持ちが、奇跡を起こすように思います。

今、調子の悪い人も、結果が出ない人も、現状を打破したいという前向きな人です。

ほめるところが一杯あります!

自分で思いつかないときは、家族や友達に聞いてみて。

「私の良いところは?」

きっと一杯言ってくれます。

紙に書いて、毎日眺めてね。