枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)

枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)
枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院、レディース鍼灸リブレ。不妊・妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期等女性一般鍼灸や女性整体にも対応。

院長コラム

のぼせていませんか?

じわじわと湿度が高くなる季節、さらに朝から日中にかけて温度がぐんぐん上がってくると、知らないうちにのぼせていることがあります。

頬が真っ赤になればわかりやすいですが、のどがヒリヒリする、眼がかすむ、眠い、頭痛、鼻炎、耳詰まり、フワフワ感などが起きます。

頭頂を触ると、もわっとしていることが多い。

皮膚からの熱の発散がうまくいかない人は、熱がこもって息苦しさを覚えます。

のぼせとは、体に熱がこもる+脳の使いすぎ or 体の疲れ。

つまり、熱がお腹にとどまれずに、上方へ偏った状態です。

「マッサージに行った翌日は、よくじんましんが出る」という友人がいます。

緊張感が続くと、汗腺、毛穴の開閉がうまくいかなくて、熱が発散できません。

マッサージで緩めると、こもっていた熱が皮膚から出ようとするのです。

他にも鼻血、白目の出血、爪周りの湿疹や逆むけなどは、体に溜まった熱を、違う形で発散させようとする作用です。

「体に熱が溜まっている」というと、皆さん「汗をかいて発散します!」と言われます。

悪くないんですげどね・・・・でも「頑張ります!」の感じはちょっとね。

「じゃあ、お風呂で汗が流れるまでつかります!」・・・・それもいいんですが、熱を溜めないようにしましょうか。

応急処置は、頭を冷やす。

冷えピタでは弱いです。氷嚢でギュッと冷やす。

次に先ほどの「汗を出す」が対症療法になります。

ではそもそも熱をこもらせない、のぼせない体を作るには?

第1は睡眠不足にならないこと。

睡眠不足になると、お腹の力が抜けて熱を保てないです。

私は睡眠6時間以上とるようになって、かえって早い時間に眠くなるとか、疲れていると感じるとか、生理的な感覚がよみがえってきました。

今まで短い深い睡眠をとっているつもりでしたが、疲れを感じるスイッチを切ってたのかも、と思います。

第2は脳の活動と体の活動のバランスを見直す。

体の活動をしている時に、体に集中していますか?別の考え事をしながら体を動かしていては意味がないです。

考え事ができないほど、ハードなトレーニングをすると、頭がスッキリしますよね。

脳の働きを一旦止めて、セロトニンやオキシトシンなどの快感ホルモンで満たす時間を持ちたいものです。

庭仕事や畑仕事は、対象に話しかけて集中しましょう。

第3は深い呼吸をする

運動やお風呂の時以外の、普通に生活している時に、熱を発散できる体にするためには、深い呼吸ができる姿勢を作ること。

熱い呼気をしっかり出すと、胸の熱さが冷めます。

第4は緊張感をとる

朝起きて「今日は何をしようかなぁ?」なんて日はありますか?

お仕事や子育て・介護をしていたら、そんな日は1日もないでしょうね。

いつも何かに追われて、体も心もきゅっと縮んでいます。

だから意識的に、緊張をとる時間をもつしかないです。

  • 奥歯を離す(口を閉じても口の奥を時々ひろげて)
  • 大声で歌う、笑う
  • 自然の中で眼を閉じて、感覚を研ぎ澄ます
  • 筋緊張をほぐす

鍼灸はいろいろな原因の「のぼせ」に対応できます。

痛みに対する鍼灸しか受けたことがない方は、鍼灸の違った感覚を味わってくださいね。

 

ネット予約はこちら!(外部サイトへ飛びます)
https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/2270

枚方公園駅前 レディース鍼灸リブレ院長

突然のだるさは少陽病の可能性

「少陽病」はカゼの一種ですが、西洋医学にはない概念です。

陽病は内臓まで侵されてない状態、陰病は内臓に影響が出る状態、少陽病は「これ以上無理すると、内臓まで悪くしますよ」という警告です。

カゼの治りかけでグズグズ長引いたり、カゼをひいた記憶はないのにインフルエンザ後のようなしんどさを感じる状態です。

軽めのカゼを追い出す体力がない時におきます。

また、普段からイライラすることの多い人が、カゼをひきかけた時、カゼをこじらせた時になります。

症状としては、食欲がない、昼も夜も眠い、だるい、咳が出る、のどがガサガサする、何となくイライラする、午後から夕方になると熱っぽい、など。

この全部が当てはまらなくても、いくつかあれば少陽病かもしれません。

それ以上ひどくはならないので、様子をみていても全然よくなりません。

病院へいくと、「炎症はたいしたことないです。細菌かウイルスか判断するのに、いろいろ薬を変えてみましょう」ということになりがちです。

解熱剤はこの頃、使わない医師が増えましたが、体力が落ちているときに薬で熱を下げると、熱は体の深い所にひそんでしまいます。

この熱が内臓の働きを落として、だるさや眠気のなります。

体の奥で免疫力がずっと熱と戦ってくれています。

熱はじわっと出る汗で追い出すのがベスト。

おへそから下、腎臓(ウエストの高さの背部)をホットタオルで10分くらい温め、上半身から汗が出るのを待ちましょう。

すぐに出なくても、何度かやって、寝ている時に汗が出てもOK.

温かいスープやシナモンティーもいいですね。

長風呂は疲れるので、ほどほどに。

汗をかいたら、その日と翌日くらいは、ゆっくり休んでください。

ここ重要です!

無理すると内臓にくるか、自律神経にきますので。

カゼは万病のもとですよ~

予約はこちら
https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/2270/(別サイトへ飛びます)

枚方公園駅前 レディース鍼灸リブレ 院長

 

情報は体質を考えてチョイスする〜健康法を始める前に

情報があふれる時代です。
レストランやショッピングは、熱心に比較検討するのに、健康情報はあまり考えずに取り入れてしまいがち。

むしろ、レストランやショッピングよりも、間違ったものを選んだときの害は大きいです。
まず医師の監修のついた情報を選ぶのは基本。
それから、体質や体の状況に合っていること。これが難しい!

例えば、「水を1日2L摂ると、代謝が上がる」
これ、ほとんどの日本人は1日2L飲めません。
胃がチャポチャポする、お腹がいっぱいになってご飯が食べられないなど・・・・痩せられるかもしれないけど、代謝が上がるかどうか?

海外の空気が乾燥している地域で、検証されたのではと想像します。
乾燥地帯では、普段水分摂取が苦手な私でも2Lは簡単に飲めるし、汗が皮膚にへばりつく感覚がないので、タオルも要りません。
ガンガン飲んで、ガンガン歩いて、ガンガン汗を流すと、だるさが取れてかなりスッキリしました。

日本では、季節や血圧を考えて、運動量が十分で、胃の強い方だけにしてほしい健康法です。
基本は「のどが渇いたら飲む」で十分。
「ホッとする時に飲む」「暇だから飲む」ですら、体には負担になる方もいるくらいですから。

テレビで「~を食べると〇〇の症状がとれる」には、私も何度やられたことか(笑)
視聴者参加の実験で結果が良いと、ついついやってしまうのです。

テレビ観戦

これもテレビでは医師の監修の下、健康被害が出ない状態の方を被験者にしてるはずです。
また、テレビの企画ではタレントのダイエットが成功するように、「テレビに出る」効果で意識がしっかり体に作用する要素はあると思います。

それに、体内の酵素の種類は1人1人異なり、働きの強さも体調により変化します。
だから食べ物の栄養素が、食べただけしっかり取り込める人、ほとんど吸収しない人、様々です。

大食い、少食にかかわらず、吸収効率が良いかどうかは、ツボを見ればわかります。
「効率が落ちてますよ」とお伝えした方には、食べる量を控えて頂くか、何度も小分けにして摂ってもらいます。

タンパク質が足りてない人、野菜が足りてない人、水分が余っている人、筋肉のつきやすい人、つきにくい人、それぞれに健康法は違います。
運動も、体のゆがみがひどいと、かえって傷めます。

日々の生活で、体の状態は変わっていきます。
何かの健康法を始めようかとお考えの方、今の状態をお伝えできますよ。

ネット予約はこちら
https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/2270(別サイトへリンク)

夜になると出る咳、横になると出る咳は鍼灸の出番

カゼから始まったはずの咳が、カゼ症状は治ったのにいつまでも残る・・・・

昼間は咳が出ないのに、夜になると出る。

寝入りばなにひどく咳が出る、咳が出始めると止まらない。

こんな咳を、東洋医学では「気逆咳」と言います。

気逆咳

この咳になると、病院の咳止めがあまり効かなくなってきます。

体を観察すると、後ろ首のほうから背中にかけて、背骨の両横が固くなって、肋骨の動きが悪くなっています。

気管や肺系の弱りと、ストレスを意識して鍼灸をすると、楽になります。

体力がある方は、ストレスを取るツボに鍼をするだけでおさまります。

合谷や太衝を使うことが多いです。

体力が落ちた方は、まず体力を戻して、カゼをしっかり追い出すことから始めます。

お腹のツボや腰のツボを温めるようにします。

その上でストレスを取る。

咳が長引いて、肺や気管支の状態が悪い時は、肺の経絡の尺沢や列缺、大淵を使うこともあります。

上背部の身柱や肺兪を使うこともあります。

しつこい咳、夜の咳には鍼灸をお試しください。

蓄積疲労はなかなか戻らない~少しずつ進む怖さ

(ヨミドクター8/17の記事より)

東京「エビス心療内科」の堀史朗院長が提唱した「蓄積疲労」は、まさに鍼灸院に来られる方々の症状です。

内科や婦人科などで検査してもらっても、データの異常は出ないのに、症状は確かにある…

動悸、腰痛、胃痛、皮膚の違和感(痛み、感覚異常、ピリピリなど)、耳鳴り、音過敏、視力低下でないかすみ目、だるさ、全身倦怠…

これらは毛細血管の詰まりから起こることがわかりつつあります。

皮膚表面だと細絡(サイラク)と呼ばれる糸ミミズ状のものが見えます。

毛細血管が詰まったのでバイパスができて、詰まった部分は切り捨てられ、表面に浮いてくると言われています。

毛細血管詰まり画像

このようなことが、表面だけでなく体の内部や脳の中で常に起きているとしたら…

そりゃあ脳も内臓も筋肉も酸素と栄養不足になりますよね~(泣)

困るのは、体はとても頑張り屋さんだということです。

毛細血管が詰まってきても、日常生活はこなしてくれます。

そして「もう限界だ!」と症状に現れたときには、かなり毛細血管のつまりは深刻化しているのです。

だから「蓄積疲労」と名付けられたそうです。

脳が酸欠ならぼーっとするし、誤作動して自律神経やホルモンバランスが崩れます。

内臓が酸欠ならダルいし、消化や代謝も落ちます。

筋肉が酸欠なら硬くなって凝るし、動作も鈍くなります。

ではどうすれば良くなるのでしょうか?

  1. 睡眠をとる
  2. 毛細血管の血行をよくする

なんだ、普通やん!

毛細血管の血行向上は、鍼灸的には「気を巡らせる」ことに尽きます。

すなわち、

  1. 冷えや熱を取る(血をサラサラにする)
  2. 肝気欝滞を取る(交感神経を緩めて血管を柔らかくする)
  3. 湿痰や瘀血をとる(血をサラサラにする)
  4. 気を補う(血を押し流す力をつける)
  5. 血を補う(血の量を増やす)

など原因に応じたアプローチをします。

元気が出てきて、体が動かせるようになったら、鍼灸効果を持続するための運動を取り入れます。

とりあえず、深呼吸をマメにすることから始めましょう。

蓄積疲労は、蓄積した年月だけかかるとこを覚悟して、焦らず直していきましょう。

子どもの頃からの不眠~高橋和巳著「消えたい」を読んで感じたこと

大人のような思考ができる年齢になると、大きな悩み事で眠れぬ夜もあるだろう。

でも幼い頃から、夜中にたびたび目が覚めていた、となると要注意だ。

これは、「家が安心して眠れない場所だ」ということ。

不眠画像

一番厳しいのは親による虐待、そして育児放棄。

深夜勤務で親がいない、という環境もあるだろう。

このように、はっきりとわかるマイナス環境だけでなく、実は親の「兄弟扱いの差」というのも、虐待に入れてよいくらい。

ボディーブローのようにじわじわと子供を傷つける。

今の40代50代が育てられた頃は、 まだ親に「男尊女卑」の思想が残っていた時代。

特に男女一人ずつの兄弟で、男尊女卑をやられると、非常にきついものがある。

たいてい、男の子は甘やかされて、女の子は家の手伝いを強要される。

男の子は進学も自由だが、女の子にはお金をかけない。

なにより、日々親からかけられる言葉に、女の子は自尊感情を失っていく。

自分が価値のない人間だと思い込んでいく・・・・

そして、気がついたら睡眠障害になっていた、ということもある。

睡眠が取れなくて、へとへとになっている間は、まず鍼灸で体をよくしていこう。

そして元気になったら、傷ついている自分を自覚して、小さかった頃の自分に「厳しい環境によく耐えて頑張ったね」と声をかけて癒してあげてほしい。

「私も好きなように生きていいんだ」と思えるまで、何度も何度も。

SARSとMARS~漢方薬と鍼の出番

韓国ではMARSが流行り、ちょっとパニックです。

日本でも水際対策がとられているようです。

でもマスコミで「解決策がない」というのは、何とかならないのでしょうか?

「西洋薬では効く薬がない」と言ってほしいです。

SARSの時は、老中医のドクターが漢方薬で危機を救われました。

免疫力を上げると同時に、血分(体の深いところ)まで入り込んだ熱を冷ますという処方です。

MARSもほぼ同じ処方でいけるのでは?と思います。

hatsunetsu

高熱が出る病は、水分補給と便通がカギになります。

症状を抑えるのは漢方薬に任せて、水分補給と便通は西洋医学が担当していただけると、熱が内臓にダメージを与えるのを防げます。

(ついでに言っておくと、子供が高熱を出した時に、ウイルスや細菌が脳などに回るのを防ぐには、点滴と浣腸と頭のアイシングです。便が出ていれば、危険は随分下がります。)

ただし、もともと呼吸器疾患があったり、免疫抑制剤を服用されている方は、やはり感染すると危険です。

水際対策を頑張って下さるのはありがたいですね!

本当は怖いダイエット~何回もとか長期間は体が回復しません

日本の若い世代は、「やせすぎ」「栄養不足」です。

パリコレでは「痩せすぎモデルを使わない」申し合わせができたとか。

これが日本の若い世代に、健康美志向をもたらしてくれると嬉しいです。

単品ダイエットを何度もした方

何度もダイエット、リバウンドを繰り返している方

運動をせずに、ダイエットに取り組んでいる方

長年「ダイエットしなくては」と思い続けている方

daiet

これらの方は「脾」(すい臓+消化能力)が傷めつけられています。

だから、いざ具合が悪くなると、体力回復が遅くなります。

それは、食べたものがちゃんと身に付かない体になっているから。

血液が増えないし、下腹の力もよみがえってきにくいのです。

精神面で食べたものの吸収を恐れていると、本当に吸収を拒否してる感じ。

これも「肝脾不和」のひとつの形と考えていいと思っています。

感情がのびやかにできないことが、胃腸の動きを妨げる病態です。

これが続くと、胃腸は本当に働いてほしい時に働く力を失っていきます。

生理を整えたい、赤ちゃんがほしい、ふらつきを楽にしたい、全身がかたまる・・・

健康を目指す時に、まず胃腸を立て直す時間が余分にかかります。

だから、「腹八分目+筋肉作り」で体重減よりもサイズダウンを目指してください!!

月の満ち欠けとダイエット~新月の時のプチ断食は要注意!

ファスティング、プチ断食がじわじわブームです。

(健康な方以外は、医師の管理下で行ってください)

ブームになってくると、プラスの面ばかり強調されて、注意すべき点は見落としがちになるので気をつけましょう。

よほど体力に自信がない限り、プチ断食は新月前後をはずして行うのがいいと思います。

満月前後に行うよりも、疲労感が出ます。

danjiki

東洋医学の陰陽で考えると、食べてエネルギー発散は陽、食べないでエネルギーを守るは陰です。

陰陽は常にバランスなので、月が満ちる期間は陽なので、少々食べなくても体はもつが、月が欠けてきて新月という陰の極みに食べないのは危険!ということです。

土用というと「夏の土用の丑の日」だけ「ウナギの日」として有名ですが、実は各季節の変わり目の2週間を土用と言います。

陰暦を使って生活していたころは、土用の期間だけ満腹食べてもよいとされてきました。

来たるべき季節の変化に備えて、体をつくる期間でした。

例えば冬の土用が終わると立春(2月4日)となり、春が始まります。

春の最初は春の気がだんだん満ちて陽気が増えます。

1ヵ月ちょっとで春の気は最高潮に達し、その後1ヵ月ちょっとで春の気は衰えていきます。

そして春の土用には陽気がなくなり、夏を迎える体つくりをし、立夏(5月初め)になります。

このように季節の気が増減するなかで、ダイエットをするなら、各季節の気が満ちてくる1ヵ月ちょっとの期間が楽です。

でも、普段は腹8分目で運動し、痩せてきた頃に土用の期間しっかり食べる、が理想なんです。

生理不順~若い人は周期が長くなりがち

10代20代の生理不順が増えている印象です。

10代は生理周期なんかほとんど気にしていません。

「なかったらラクチン」くらいの勢いです。

時々親の方が気がついて連れて来られます。

でも20代になってお勤めし始めると、「規則正しく暮らしているのに、なんでやろ?」と気が付きます。

結婚を意識するような年頃になると、なおさら「ちょっとヤバいんちゃうん?」という気になります。

若い人達は、一世代前の私達に比べて、かなり過酷な環境に生きています。

小さい時から、ゲーム機、パソコン、携帯、深夜番組があり、早く寝る子は本当に少ない。

中学生になると、クラブに塾に習い事。

携帯もテレビ番組もチェックしなきゃいけないし、すでに「時間がない」が口癖になるもんね。

一生懸命に取り組む頑張り屋さんほど、やることに追われて神経を張りつめてます。

多忙画像

ジュース画像

さらに大気は汚いし、食品添加物、甘いジュース、においのきつい柔軟剤にシャンプー・リンス。

30年前にあったのは大気汚染と少しの加工食品くらいでしょうか。

あとのものはなかったのですから、のんびりした平和な時代でした。

初潮がくる小学校高学年から中学にかけて、女の子は人間関係のストレスにも揉まれます。

ファッションに目覚めて、ダイエットしたくなります。

ストレス+睡眠不足+ダイエットによる栄養不足 → ホルモンが出ない!

脳は生きていくのに必要な内臓から栄養を供給するので、卵巣・子宮はあとまわしになります。

女子スポーツ選手の半数に生理がない、といわれるあの状態です。

それほど日々の生活が過酷なのです。

生まれたときから、時間に追われる生活が当たり前なので、しんどいとも思わずに暮らしてるだけです。

実際、婦人科で検査してもらった10代の子からは、「ホルモンの数値が低かった」「子宮が小さくて未成熟と言われた」と聞きます。

こんな感じだと、生理は数か月に1度くらいです。

血液検査で数値はクリアしてるのになんか不順と言われるのは、生理周期が40日~50日くらいの方です。

自分でホルモンを出せる体になるには、生活を変える強い決意がいります。

生活習慣ひとつ変えるだけでも、何回も挫折することでしょう。

早寝早起きに切り替える、パンやおにぎりだけで済まさない、甘いものを減らす、お風呂にはちゃんとつかる、

短パンで寝ない、体をよく動かす、目を使いすぎないetc.

面倒かもしれないけれど、やってみると「なんとなくダルイ」「朝がつらい」がなくなります。

東洋医学では、生理周期が長いのは、ほとんどが気の停滞や冷えからできるオ血です。

経血におりものが混じるようでしたら、湿邪も関係しています。

また、一度でもしっかりとダイエットしたことがあるなら、脾(胃腸機能)を盛り立てて血液をしっかり作れる体にしないといけません。

この分野は鍼灸が得意とするところです。

お任せください。