枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

鍼の本数(2)~一般的な中医学で施術されている先生の場合

今回も私の経験からの印象を述べます。

一般的な中医学では、臓腑の状態を見て、バランスの狂っているツボを左右とも刺します。

腎は弱っている、肝は血が足りない、脾は水滞を起こしている、肺と心は熱を持っている、オケツもある・・・など

頭から足まで10~20本くらいでしょうか。

中医学でも1~2本しか刺さない先生もおられますが、その場合はたいてい鍼を細かく動かすテクニックで効かせます。

刺して置いておく置鍼の場合、ほとんどの書物には30分置くと書いてあります。

東京で1回2万円の中医学の施術をされる先生に施術を受けたことがあります。

2本の置鍼で左右ともに打ってくださいました。

たまたま私との気の交流がうまくいかなかったのか、正直、あまり変化を感じず、あとは整体的な手技で改善してもらいました(汗)

左右ともに打ってもらうと、あまり気の動きは感じません。

ゆっくりと変化していきます。

しかし、以前に「多数鍼あなどれん!!」という体験をしました。

背中鍼画像
↑出典:マッサージ&はりきゅう院温流ページ)

10数本打ってもらって置鍼後、先生がお忙しくて30分以上ほっておかれてました。

すると、ゆっくりと気の流れを感じたあと、急に体の奥の方の緊張が溶けて、全身脱力状態になりました。

だるくてしんどい感じではなく、夏のビーチで心地よくいつまでも寝ていたい感じ。

「あ~30分置鍼の意味がわかった」と思いました。

1本鍼は大将戦ですが、多数鍼はたくさんの局地戦で、あちこちの結果を集めて勝敗が決するまで30分かかるのだと納得しています。

別のたとえでいうと、水路の水(体の気)が流れない時、1本鍼は重機を使って一気にヘドロを取り去る感じ、多数鍼は、あちこちで少しずつ高低差をならし、全部が平らになったところで、水を流してみると流れたよという感じです。

わかるかな~?

タモリさんが行かれている鍼灸師さんは100本打つことで有名になられました。

多数鍼の心地よさがあるのでしょう。

ただ、大病をされて体力がなくなっている方には、絶対に少数鍼です。

最後の最後の時まで役に立てる鍼灸師でありたいです。