枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

SARSとMARS~漢方薬と鍼の出番

韓国ではMARSが流行り、ちょっとパニックです。

日本でも水際対策がとられているようです。

でもマスコミで「解決策がない」というのは、何とかならないのでしょうか?

「西洋薬では効く薬がない」と言ってほしいです。

SARSの時は、老中医のドクターが漢方薬で危機を救われました。

免疫力を上げると同時に、血分(体の深いところ)まで入り込んだ熱を冷ますという処方です。

MARSもほぼ同じ処方でいけるのでは?と思います。

hatsunetsu

高熱が出る病は、水分補給と便通がカギになります。

症状を抑えるのは漢方薬に任せて、水分補給と便通は西洋医学が担当していただけると、熱が内臓にダメージを与えるのを防げます。

(ついでに言っておくと、子供が高熱を出した時に、ウイルスや細菌が脳などに回るのを防ぐには、点滴と浣腸と頭のアイシングです。便が出ていれば、危険は随分下がります。)

ただし、もともと呼吸器疾患があったり、免疫抑制剤を服用されている方は、やはり感染すると危険です。

水際対策を頑張って下さるのはありがたいですね!