枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

シップ薬の功罪~痛みは自然治癒力の表れ

みなさん、シップ薬が大好きです。

わたしはすぐに皮膚がかゆくなるので、湿布薬は貼りませんが、昔ながらのシップ派、モーラステープ、ロキソニンテープなどいろいろありますね。

温湿布がいいか冷湿布がいいか尋ねられますが、整形のお医者さんの答えは「どちらも一緒」

だから「気持ちの良い方を貼って」でした。

湿布は浅いところしかしみこまないので、本当に皮膚感覚をマヒさせるだけだそうです。

shippu

筋肉痛など本当に一時的な痛みを忘れるなら、シップでごまかすのもアリかな。

本当はアイシングをしたらいいです。

野球のピッチャーがマウンドから降りて、肩に大きな塊を当てているアレです。

でも、いつも同じところが痛むようなときはシップNGです。

「痛い」のは痛みを感じてもらって、休ませたい体の防御反応。

それなのに、シップや痛み止め注射で防御反応を無視して動かし続けたら・・・・

当然もっと痛むようになります。

スポーツ選手が痛み止めを注射しながら競技するのは、「もうやめていいよ」と切なく応援できるのに、自分のこととなると

「いや、休むわけにはいかん!」と言って、いたわれないのですよね~(泣)

理想をいえば、体の訴えに従って休んでください。

なぜかというと、そもそも痛いところが痛む原因とは限らない!

痛むところにシップを貼っても治りません。体全体を休めるほうがいいのです。

痛みの軽減は、急性期は冷やし、3~4日目からは温める。

温め方も、カイロを貼るのではなく、袋に入れた濡れタオルをチンして、ホットタオルで熱々に。

カイロをずっと貼ると、これまた「自分で温めなくてもカイロが温めてくれるな」と体は怠けます。

熱々で冷めていくタオルなら「熱々はきもちいいな、でも冷めてきたから自分で温めなきゃ」と体は頑張ります。

また道具がないなら、さする、手当という原始的な手段も有効です。

身近な人がやってくれると、自分でする何倍も効くのが不思議です。

どうか周りの人と、そういう関係が築けますように!