枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

体のレベルが下がる時~仕事を始めた頃と結婚した年

妊活で悩まれている方の中には、「昔は体力に自信あったのに・・・」とおっしゃる方が結構おられます。

「そういえばあの頃が一番しんんどかったなぁ」と言われるのが、仕事を始めた年と結婚した年です。

どちらも、生活リズムの変化と持続的な緊張を強いられる環境です。

new-office-rady

最近の就職は即戦力を求められるし、やりがいもあるけど仕事は確実にきつい。

仕事に手を抜くわけにはいかないけれど、眠れないとか痩せるまで追い詰められたら要注意です。

先輩に尋ねて、上手な気持ちの切り替え方法を伝授してもらってください。

また私たちの時代は結婚円満退職も普通でしたから、専業主婦になって妊娠出産にストレスはありませんでした。

今は結婚で仕事を辞める人はまずいない。

男の人が家事を手伝う比率は上がったというものの、やはり女性への家事負担は大きいです。

仕事をし、家事をし、さらに遅く帰る彼を待ってから晩御飯、という優しすぎる妻は案外多い。

それだけ頑張れば、もう妊娠できるだけの余力は残っていません。

いい人ほど、夫に尽くしてあげたくて、無理を重ねます。

体力に自信があった人だから、頑張ってしまうんですよね。

若くても本当に無理をすると、自律神経やホルモンが乱れて回復に時間がかかります。

赤ちゃんが欲しいかたは、あまり頑張らないで、家事の手抜きと先に寝る事を宣言しちゃいましょう!