枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

漢方薬と鍼灸

知らない人が多いけど、この二つは同じことができます。

誤解を恐れずに言うと、この漢方薬はこのツボの組合せというように対応しています。

とちらも、その人の状態に合わせてオーダーメイドするのがベストです。

古典に出てくるような中国、朝鮮、日本の名医は漢方薬と鍼灸を両方使って、ありとあらゆる難病に立ち向かっています。

では漢方薬と鍼灸はどう使い分ければよいのか?

千年もの昔は、漢方薬は野山の薬草を摘んでブレンドできる庶民の方法、鍼灸は特権階級の施術法だったようです。

漢方画像

↑クリックすると拡大します(出典:松浦商店のページ)

以下の記述は、私の現時点での未熟な見解であることをお断りしておきますが・・・・

一般的には信じられてるのは、「漢方薬はゆっくり効く、鍼灸は即効性」というものですが、そうともかぎりません。

私は漢方薬を飲んで10分くらいで、自分に合ってるか合ってないかわかります。

でも、1ヵ月くらい続けて飲んで、やっと体の変化を感じる薬もあります。

また鍼灸は気の流れを整えるのは早いですが、瘀血(おけつ)や湿痰を散らしていくには、時間も回数もかかります。

漢方薬…1日3~4回家に居ながらにして改善ができる。

1回でピッタリ合わせるのは難しい上に、二週間くらい様子を見ないと正解かどうか判定しにくい。

自分に合ってない時に、分解排出し終わるまで、不快感が続く。

合ってない時に、買った漢方薬が無駄になる。

鍼灸…ツボの選択が合ってるか合ってないか、脈や体表情報ですぐにフィードバックできる。

部分的な気の偏りを整えることができる。

毎日鍼するのが望ましいレベルの方でも、なかなか毎日の施術はできない。

私が「鍼が素晴らしい!」と思うのは、赤ちゃんに対してもアプローチできる、薬を飲みこめなくなった方や意識のない方に対してもアプローチできることです。

また、どこかで倒れた!というような緊急事態に対しても、知識さえあれば鍼灸はできます。

私は鍼灸師ですから、鍼灸だけでは時間がかかり過ぎるような状態の方に、漢方薬で体力を下支えしてほしいなぁと思うことがあります。

鍼灸師と漢方医が連携をとれるようになれば、医療革命が起きると思うんだけどね。