枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

寝返りすれば肩こりはない?~寝返りできないつらさ 

子どもに肩こりがないのは、「寝返りを激しくするから」という説があります。

寝返りは背骨の詰まりをとって、筋肉をゆるめる作用をしているようです。

寝返りするのは睡眠が浅い時です。

ちゃんと寝返りできる時は睡眠が深くなったり浅くなったりの、リズムがうまくいっている証拠になります。

寝返り画像

体のバランスの左右差ができると、いつも同じ方向を向いて寝ていたりします。

睡眠時は本来、自律神経の副交感神経が優位になるはずですが、ストレスで交感神経優位がとけないと、寝返りができなくなります。

そして、起きた時に「熟睡感がない」「体が固まっている」などの状態がおこります。

これらは、体や自律神経の不調から、寝返りできなくなっている例ですが、寝返りしたいのにできない状態もつらいものです。

たとえばお腹の手術をした夜。

最近は痛み止めをもらって、少しなら動かしてもいいようですが。

足の骨折では、筋肉が縮まないように牽引されるので、身動きがとれません。

網膜剥離の手術後は、うつ伏せで横に向いてもいけないそうです。

しかも2週間も!

それから内臓下垂(子宮脱など)の手術後も、癒着を防ぐため足を牽引するので寝返りできません。

本当に苦しいそうです。

自然な寝返りをしてもらうために、鍼灸で今日も交感神経優位の体を緩めます。