枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

子宮、卵巣の手術を勧められたら~セカンドオピニオンか不妊専門医へ!

妊活で検査をしていると、筋腫や膿腫、内膜症などがみつかり、手術を勧められることがあります。

着床の妨げになると言われると、すぐにでもスッキリしたくなりますが・・・・

ちょっと待ってください!

特に卵巣の周りは、よほど専門医がうまくさわらないと、卵まで取ってしまうことになるそうです。

その結果「卵巣年齢が上がった」「卵が残り少ない」と悲しい告知をうけることに。

良性卵巣腫瘍の手術法

子宮の部分でも、筋腫が着床障害になることもあるけれど、手術後の癒着や傷痕も子宮の壁を硬くする原因です。

だから、どの手術も「本当に切除したほうがプラスに働くのか?」ということをしっかり検討してほしいのです。

痛みや卵巣捻転の危険性など、体にマイナスの要素が大きい時は、もちろん手術優先してください。

どちらにしても自己判断はできませんので、セカンドオピニオンがいいかなと思います。

筋腫や膿腫は、直径5cmくらいが先生によって判断の分かれる大きさみたいです。

妊娠までは切らない方がよくても、妊娠後の危険性を考えると判断は難しいところです。

どうか、後悔しない選択を!と祈るばかりです。