枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

子宮・卵巣の温度を上げる呼吸法~お血とリンパを流そう

肺活量というのは、最大吸って最大吐いたときの空気量で、女性なら約3リットル。

最大吐いても、肺や気管支に1.5リットルも残っています。

そして普段の呼吸で吸っているのは・・・一回たった0.5リットル!

さらに仕事中やストレスがあると、呼吸は浅くなります。

さらにさらに、運動不足や肩こりで肋骨の動きが悪くなると、かなり体は慢性的な酸素不足!

これでは頭はボーっとするし、内臓は本来のはたらきができませんよね。

でも肺はちょっと体を意識すれば、すぐに呼吸量を増やすことができます。

ハアハアするほどの運動をすれば、普段の5倍以上の空気が出入りします。

そんな運動ができなくても、頻繁に深呼吸しましょう。

できれば腹式呼吸を。

腹式呼吸とは、横隔膜という大きな筋肉をお腹の方へ引き下げて息を吸う呼吸です。

「お腹の方へ引き下げて」がポイント!

腹式呼吸

普通の腹式呼吸は、お腹をポコンと前に膨らませていきますね。

でも・・・

妊活的には、足のつけねの方向にお腹を膨らませてください!

それには横隔膜をしっかり下へおしつけていくイメージです。

圧力をかけて、静脈やリンパの流れに勢いをつけるのです。

そして、吐く時はお腹をペッタンコにして、上半身は肋骨も両側から絞るかんじ。

こうすると小腸が上に引っ張り上げられ、ついでに子宮・卵巣もついてきます。

子宮・卵巣はお腹の下の方にあるので、いつも座って仕事していると、

うっ血して古い血液がたまり、子宮・卵巣の温度は下がっています。

圧力をかけたり、引っ張り上げたりすることで、子宮・卵巣は動かされて、周りの血管も掃除されて、経血に混ざっていた塊も出ないようになっていきます。

妊活鍼灸では、呼吸に関する筋肉を動きやすくしていきます。

「胸が詰まった感じがして、息をいっぱい吸えない!」という方にも、胸の詰まりがとれる施術をします。

子宮・卵巣の温度を上げて、良質の卵を出していきましょう(^_^)v