枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

血圧を上げよう~低血圧と不妊の関係 

最高血圧(収縮期血圧)は100以上ありますか?

リブレに妊活で来られる方の多くは最高血圧が90台です。

病院に行っても「低めですね」と言われるくらいで、改善しなさいとは言われません。

でも、血圧が低いということは、脳やすべての内臓に供給される血液に「勢いがない」ということ。

なんとなく腦や内臓が酸欠・栄養不足で、今一つ働きがよくないイメージです。

せっかく健康な子宮や卵巣を持って生まれてきても、使えてないのはもったいない!

血圧を100~120mmHgに上げてやるだけで、活力が出てきます。

でも血圧は自分で上げるしかない。

本当の健康生活を実行するしかないのです。

早寝早起き、栄養のある食事、そして何より大事な運動!!

血管画像

血管も筋肉なので、鍛えられるのです。

運動すると血流量が増えるので、血管も伸び縮みして大忙しになります。

その結果、緩んでいた血管が引き締まり、血圧が上がってきます。

血圧が上がると、勝手に冷えはとれるし、便秘も解消される方が多いです。

年配の方のように、血圧をしょっちゅう測る必要はないですが、病院に行ったら自動血圧計でたまに測ってください。

体を見させてもらって、あれ?体つきが変わったね」とお伝えすることがあります。

体重は変わってないのに、なんだかふっくら見えるというか、丸みを帯びた腰のくびれになってる。

これ、女性ホルモンが増えている証拠です。

自分で女性ホルモンを出すと、こうなるのですが、薬で足してもならない、不思議です。

少し汗ばむ程度に毎日体を動かすのが習慣になったころ、赤ちゃんがやってきますよ。