枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

流産について~この悲しみは夫にはわからない

妊娠の喜びもつかの間、出血したり、心拍がとれなかったり・・・・

病院で処置してもらった後の喪失感。

ベッドでじっと天井を見てると涙がじわっと出てきます。

涙画像

(↑出典:イラストやページ)

いたわってくれる夫や親の言葉はありがたいんだけど、なんか心に響かない感じ。

特にご主人は赤ちゃんに対する実感が全くないので、赤ちゃんが可哀想という気持ちはわかないのです。

ただ、悲しそうな妻を見ているのがつらいだけです。

(たまに本当に理解してくれる貴重なダンナもいますが)

でも、先生や看護師さん、助産師さんがおっしゃるように、流産は誰の責任でもありません。

ちょっとスピリチュアルな話をすると、赤ちゃんの魂は9~11週あたりにお腹にやってくるとか。

それまでは、お腹の卵割している物体が無事に育つかどうか、横に寄り添って様子を見ているのです。

私はこの話を聞いた時、なんだか救われたような気がしました。

考えてみたら、魚が成魚になるのは0.0何%なんでしょうか?見当もつきません。

野生動物の世界では、大人になる確率は低いですよね。

人間は産まれたら、ほとんど大人になるのだから、それなりに強い体を持って生まれてくるのだと思います。

その分、妊娠初期に自然淘汰されるのかもしれません。

魂が入ったと思われる後に流産した場合も、誰に責任があるわけではありません。

短い期間、この世に降りてきて、自分のカルマを解消して還る子もいるのです。

おかあさん、少しお腹を貸してね、ありがとう、悲しまないでね、と言っているはずです。

だから、ご自分をどうか責めないでください。

そして、赤ちゃんの魂のために役に立ったことを喜んであげてください。

今はつらくても、時間が悲しみを薄めてくれます。

できるだけ自然に触れて、ゆっくり体と心を癒してください。

妊娠できることはわかったのですから。

どうしても不調から抜け出せない時は、少しだけ鍼灸がお手伝いしますから・・・・