枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

卵巣の手術は慎重に(2)~医師によって考え方が異なるようです

先日、不妊カウンセリング学会の講習会に参加しました。

そこで、日頃疑問に思っていたことを、講師の先生方に質問させていただきました。

その内容をお伝えしていきます。

少し前のコラムに、卵巣の手術は安易にしないで、と記事を書きました。

しかし、手術する方が妊孕力(にんようりょく)が高まるかどうか、慎重に判断しないといけないようです。

婦人科で検査をしていくうちに、卵巣嚢腫、子宮内膜症、クラミジアによる癒着が見つかることがあります。

その対応は、医師のお考えによって、違いがあります。

つまり、細胞が変性したら、悪性になる前にできるだけきれいに取り去った方がいい、という考え方と、卵巣への癒着をきれいに除こうとすると、卵巣の正常な組織まで傷めてしまう、という考えがあるのです。

手術画像

どちらもお客様の健康を願っての立場ですから、批判することはできません。

では妊活の立場から、どう判断すればよいのでしょうか?

手術をしないと・・・・

メリットとして、卵巣年齢は上がらない。卵の数は減らない。

デメリットとして、癒着によって卵管の動きが悪くなる、炎症が起きやすくなる、腫れが進むと卵管を圧迫する、

卵管の捻転などのリスクをかかえたままになる。

その結果、自然妊娠や人工授精が難しくなる。

手術をすると・・・・

メリットとして、自然妊娠が可能になるかもしれない。

病変を持っていることによるリスクと不安から解放される。採卵の時に、邪魔になる組織がないのでリスクが少ない。

デメリットとして、腕の良い不妊専門医に手術してもらわないと、卵巣への配慮が少なく、卵巣が傷ついてしまう。

手術をするべきかどうかは、

  1. 上記の知識
  2. 現在の状態がどの程度、妊娠を妨げているかの判断
  3. 年齢と選択した不妊治療の段階
というように、考える条件が多いので、医師としっかり話し合って決断されますように。