枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

お灸の熱さに気をつけて~熱いのを我慢すると逆効果!

先日お客様からとても大事な報告を頂きましたので、シェアします。

妊活の方に自宅でのお灸をお願いしていたのですが、

「熱いのを我慢して頑張ると足が冷えて寝つけない。また、眠りが浅くなったり、早朝に目が覚めることもあった。

熱いっと思った瞬間に取ると足がポカポカする」とおっしゃいました。

そうなんです!

いつもお灸の練習をするときに「熱いと思ったら我慢しないでとってください。我慢すると逆の効果になるので」と言ってきました。

鍼灸師には脈とか舌とか、逆効果になっていることを確かめる指標があるけれど、実際に体感を伝えてもらったのは初めてでした。

ありがたいです。

そもそも鍼灸には補瀉(ほしゃ)という考え方があります。

最近は養命酒のCMで「温補」という言葉が使われています。

「補」とは足りない部分に気を補うことで、凹んだツボに張りが出ればOKです。

お灸で補うときは、ふんわり温かいお灸にします。

「瀉」とは気血水がたまって動けないのを散らすということで、張って硬く盛り上がったツボが緩むとOKです。

お灸では熱いピリッとくるのを我慢して、粉砕するイメージです。

女性のお灸

↑ 補のお灸

男性のお灸

↑ 瀉のお灸

妊婦さんや妊活の方のほとんどは、血を補うイメージでお灸をします。

だから「熱くなったら取る」なのです。

でも人情として「冷えを取るんだから、できるだけ熱を入れたい」というのもわかります。

少しずつ我慢しているうちに、毎日熱さに慣れていって、瀉のお灸になってしまいがちです。

自宅で毎日お灸をしてもらっていても、時々鍼灸院で点検したり、何度か注意点として繰り返しお伝えしたり、ということが必要なんだなぁと反省しました。