枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

人工授精や移植後の安静は必要か?〜受精、着床に関する疑問と誤解

人工授精や移植後に、「すぐ帰っていいですよ」と言われる病院と、「しばらく寝てから帰って下さい」と言われる病院があります。

また生活も「普段通り」と言われる病院と、「できるだけそっと生活してください」と言われる病院があります。

どちらが本当なんだろう、と疑問でしたので、医師に質問させてもらいました。

結論から述べると

「すぐに帰っていい」

「普通に生活していい」

ということです。

なせなら…

  1. 子宮内に注入するから、絶対漏れる心配はない。
    ずっと前は人工授精は腟内注入だったので、1時間くらい横になって精子の上昇を待ってた。その慣習だけが残ったそうです。
  2. 精子の到達スピードは意外と早い。
    精子の動きも一般イメージとは違ってました。私の想像では、入った精子が子宮内膜の布団の上をウネウネ泳いでいき、卵と出会うんだと思ってました。まず精子の動きが違うんですね。精子は尻尾を横に振るのではなく、スクリューのようにクルクル回るだけ。それほどの推進力はありません。むしろ卵と出会った時、こじ開けるのに好都合。そして子宮内部は繊毛におおわれ、波打つように動いています。つまり腟内・子宮内に入った精子を、すべるように上へ送り込みます。精子が自力で登って行くんじゃないんだー。この間、わずか5〜6分!
  3. 受精卵はガン細胞みたいに食い込んでいく。
    胚盤胞期なら、着床する場所を決めると、すぐ内膜に触手を伸ばして取りつき、内膜に包み込まれるように潜り込んでいく。その旺盛な動きを見せてもらうと、「これはちょっとやそっとで剥がれるもんではない」と思えます。
精子

流れる時には、染色体レベルの理由で、このどん欲さがない受精卵だったんだ、と納得できます。

だから流産をご自分のせいするのは意味がないし、これからあなたのもとへ来たいと思ってる天使の魂も困ってしまいます。

医師の見せてくれた画像は、確かにガッチリ内膜に食い込んでましたが、それが全部の受精卵に当てはまるとは限らない。

もしかしたらギリギリの生命力の卵でも、大事に育てたら普通に育っていくかもしれません。

気になる方は、安静までは必要ないけれど、昔から「自転車に乗るな、背伸びして高い所のものを取るな、重いものを持つな」と言われてきているので、この程度の注意はされたらよいと思います