枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

妊娠のコツ(7)~腹八分目にしよう

食べ過ぎると、消化に必要以上にエネルギーを使います。

食後に眠くなるくらいならいいですが、晩御飯を未消化で寝てしまうと、睡眠中の体の修復より消化が優先されて、起床時にだるくなります。

生命力を上げるには、少し飢餓感を感じるくらいがいいようです。

発展途上の国の人達の、子だくさんなこと!

自分も子供も栄養失調なのに、どうして生殖にエネルギーがまわるのでしょう?

自分がいつ命を落とすかわからないという状況では、遺伝子が「なんとか子孫を残しておかねば」と強くなるのです。

最近、卵の質については、卵に酸素を取り込むミトコンドリアの活発さによると研究されています。

ミトコンドリア組織図

一度弱ったミトコンドリアは、どうすれば復活するのか?

そういうサプリメントがあるようですが、生活改善でもできます。

体中に酸素供給できるように、しっかり運動をする。

腹8分目にする。

この2つが大事です。

やはり当たり前の健康法でした。

特に排卵までは、栄養満点の食事を腹八分目!でお願いします。