枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

産後の骨盤調整はいつから受けられる?~早すぎると危険です

当院では鍼灸施術が産後2週間、骨盤調整は産後3ヵ月以降と決めています。

鍼灸は、出生から亡くなるまで、いつでも対応できる施術ですから、産後直後でも無害です。

実際に、お産直後の「至陰の灸」は、子宮の収縮に即効性があります。

しかし、産後すぐの体には、急激なホルモン値の変化があり、その自然の修復力を信じて、鍼灸施術は2週間待つのです。

また、産後骨盤の3ヵ月という期間ですが、あまり施術が早いとリスクが大きくなるからです。

特に恥骨剥離や恥骨結合離開と言われた方は、1ヵ月目から施術を受けると、せっかくくっついてきた恥骨結合がずれる怖れがあります。

恥骨結合離開

また、出産のために関節を緩ませる、リラキシンというホルモンが産後も出ていて、産後3ヵ月くらいからホルモン値が落ちてきます。

だから、あまり早く施術しても、すぐ緩んでしまうのでもったいないのです。

骨盤に関する自然の回復力は、「床上げ3週間」と言われるように、産後3週間、しっかり横になって過ごすことで、うまく進んでくれます。

20代で筋肉がしっかりついていれば、横になって過ごすだけで、骨盤の開きはほぼ元に戻ります。

20代でも運動経験がない方や、30代後半、40代の出産になると、横になっている期間も、骨盤ベルトか手持ちのもので、骨盤固定をおススメします。

その上で、3ヵ月を過ぎたら骨盤調整を受けて、骨盤底筋の緩みを防ぎましょう。

歩きやすくなり、デニムのサイズが落ちるのはうれしいものですよ。