枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

脊柱側弯の原因は肩甲骨?!

中医学でピシッと成果が出た時も快感ですが、筋肉や関節を頭に描いて1点にたどり着いた時もスッキリします。

2日連続で、軽い側弯と言われた方をみて、ほとんど解消されたので紹介します。

どちらの方も、肩甲骨の下方で硬く肋骨と接着した筋肉がありました。

sokuwan

1例目は49歳、保育士さん。

赤ちゃんを抱くことが多く、肩こりは慢性的、立っていると左の胃の裏あたりが痛む。

確かに胃の裏にピンポン玉くらいのかたまりがある。

水分をジュースで摂ることが多かったり、ポテトを過食したりすると聞いていたので、湿痰の邪をとる施術をしてきた。

施術直後は楽になるが、一週間あくとほぼ元に戻り、少しずつしか変化しない。

ピンポン玉をたどると、肩甲骨の内下方にねじれた筋肉を発見。

ここをはずすと、ピンポン玉は消失!

中医学的にいえば、湿痰よりオケツ性かイライラ原因かというところでしょうか。

とにかく肩甲骨の引っ張りがなくなったことで、背骨のゆるやかな側弯も目立たなくなりました。

いつも左腕に赤ちゃんの頭を置くように抱いていたので、肩甲骨がねじれていたんですね。

もう1例はまた明日。