枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

つわり

つわりを楽に乗り切ろう~においへの意外な対策とは?

つわりで吐き気を誘発するのは、においと空腹です。

ご飯の炊けるにおいが苦手になる方は多いですね~。

それでパンばかり食べている。

この時期は赤ちゃんへの栄養面はそれぼど気にしなくていいので、自分の体力を落とさないことを考えましょう。

パンでも何でも食べられるものを食べましょう。

ダンナや上のお子さんのためにご飯を用意しなくちゃならない時は、レンジでチンするご飯を利用してもいいですね。

においがかなりましです。

特定の食べ物のにおいがダメなら、その時期は食べなければいい。

家の中ののにおいや近所からのにおいがダメな場合、部屋に無臭の消臭剤を置きまくります!

全部屋に置くのではなく、自分の周りに数個置いて、徹底消臭します。

芳香剤入りは逆効果なので気を付けて。

自然派の方は備長炭もおススメです。

備長炭画像

また、空腹になると胃液が上がってきますから、胃液を吸い取るおせんべいやビスケットを食べると落ち着きます。

空腹にならないように時々食べる。

枕元に置いて、起きる前に食べるとよいです。

食欲がない時は、炭酸を飲んだり口をすすいだりするとサッパリします。

ジャンクなものを無性に食べたくなる方もも多いです。

ポテチは人気かな。

罪悪感は不要です。一時的なものだから。

食べられなくても、なんとか水分は入れてください。

足・腰・胃の裏・肩甲骨の間で気持ちの良いところをホットタオルで温めて。

味噌汁は飲みやすいことがあります。

水分さえ吐いてしまって、おしっこが1日3回以下になったら、迷わず病院で点滴を受けてくださいね。

ヨダレつわり~ホルモンの作用だというものの・・・・

「ヨダレつわりは触るな」と施術者の間では言われるそうです。

なかなか治せないから。

ほとんどの方が、出産まで引きずるみたいです(泣)

今までにお二人見せていただきましたが、1勝1分でした。

お一人はヨダレつわりになり始めの所で施術を開始し、2週間でおさまりました。

もうお一人は、すでにヨダレで夜も眠れない状態でした。

最初は、「嘔吐の回数が多いな」という程度だったそうです。

その状態が2週間ほど続き、だんだん食も細くなってきた頃ヨダレは始まりました。

だからヨダレつわりの原因としては、ヨダレが飲みこめないほどの胃の逆流感(肝の作用)と、咽から胃腸に向かう下向きのぜん動運動の弱り(腎の作用)と思います。

晩御飯を食べるとムカムカがひどくなって、ヨダレが流れ出し、嘔吐してしまう。

夜もヨダレは続き、口にいっぱい溜まるまでの5~10分間ウトウトしては、吐き出しに行き、また横になるという状態。

ヨダレがこぼれないように、無意識で強く口を結んでいるので、顎から肩も凝る。

よだれつわり

(↑出典:ラインスタンプ)

ヨダレつわりの対策としては、肝の作用を落とすか、胃腸機能の底上げか、水分代謝の腎機能アップかと予測して、体をみせていただくと、腎が冷え切っていました。

嘔吐を繰り返して、徐々にエネルギーの生産が落ちていき、それでも赤ちゃんは冷やさないようにエネルギーを与えてしまった結果、ママの体は冷えてしまったようです。

東洋医学では、腎は蒸気機関のように水を気化させて、全身に潤いとエネルギーを拡散する役割です。

この水を気化する力が落ちて、ヨダレになったと考えました。

足の裏の涌泉が大きく凹んでいたので、ひたすら棒灸で温めました。

すると唾液が減って、口が閉じられるようになりました。

睡眠がとれるようになると、体の回復は早くなって、ヨダレは食べ過ぎた時にひどくなるくらいになりました。

結局、多めの唾液は出産まで続き、産後1週間で完全に止まりました。

ネットでみると、「分娩台を降りたとたんに止まりました」なんて書いてあって、いつ止まるかかなり期待したんですけどね~

つわりのつらさ~突然つわりがなくなったら?

「朝起きたら、昨日までひどかった朝のムカムカがスカッとなくなって、トイレに行ったら出血した・・・」

流産経験者はこのように言われます。

早い人は、受精卵が着床して間もなく始まるつわり。

11週くらいがピークで、胎盤が完成する16週くらいにおさまってくる方が多いです。

しかし、つわりのつらさで来られる方は、辛抱できないくらいのむかつき・嘔吐があります。

これから何週間続くかわからない吐き気や、妊娠初期にこんなにしんどくて出産までたどりつけるか?という不安感。

「妊娠するんじゃなかった」とまで思うほどの、つらさを抱えて来院されます。

つわり画像

(↑出典:メディカルイラストページ)

また、ホルモンの変動によってナーバスになっている時期なのに、男どもの無神経なこと!

「つわりは精神的なものが大きいからね」という医師。

そうかもしれないけど、それを言って何になる?

「寝とけば?」「病院行けば?」としか言わない夫たち。

どうしてあげたらいいのか、わからないんだよね。

こうして、つわりで苦しいだけでなく、精神的にもダメージを受けてボロボロ・・・

で、施術のはじめに、冒頭の流産経験者の言葉をお伝えします。

すると、ママ達は「つわりがあるってありがたいことなんですね」とつわりに対する見方が変わります。

これだけで、つわりの辛さはかなり軽減します。

吐き気、嘔吐の回数や、体力、随伴症状(頭痛、だるさ、背中の痛みなど)に合わせて、内関、陽池、ダン中、膈兪、胃の六つ灸といったツボから、2~3穴を選んでお灸します。

家でのお灸は、吐き気が強くなる前のタイミングですえてもらいます。

毎日お灸をしていると、数日のうちに動ける程度になってきます。

1週間後にお電話を入れて体調をお尋ねするのですが、ほとんどの方が「なんとかなりそうです」と言われます。

「では、また安産灸でお会いしましょう!」