枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

院長コラム

安産灸ネットワークで使うお灸~なぜカマヤミニ・マイルドなのか?

三陰交は子宮を経絡を通じて温めます。

他のツボにお灸をするときも、温め作用を意識することが多いです。

(熱をもって熱を制すこともあれば、気の不足を補うこともありますが)

安産灸ネットワークでは自宅でしてもらうお灸としてカマヤミニをおススメします。

(ピンクは安産灸ネットワークオリジナル!)

理由は直径が大きいことと、筒の中の温度がやさしいこと。

三陰交は3つの経絡が交わるようなツボですから、もともと大きなツボです。

ツボの範囲内で、一番効くポイントを探して印をつけますが、ツボは毎日微妙に動いています。

だからお灸の直径が大きいと、ツボから外れることが少なくなります。

また、足のむくみが出ていると、皮膚感覚が鈍って火傷しやすくなります。

施術時には、安全のために、どのタイミングで取れば火傷しないかを、感覚的に覚えてもらいます。

カマヤミニは最高温度が低いのです。

つまり、火傷せずに長く皮膚に置いておくことができ、熱もたくさん入るという訳です。

kamayamini kamayahogushi

左はカマヤミニで、右がせんねんきゅう。

他のメーカーの台座灸はほとんどがせんねんきゅうタイプです。

どれだけ直径ともぐさの量が違うか、わかって頂けると思います。

でも、熱さの加減と毎日正確にツボをとる技があれば、他のメーカーでも効果は出ると申し添えておきます。

足のほてり~汗だくの季節は要注意!

妊婦さんにとっては暑くて辛い季節になってきました。

上半身が暑いので、下半身の冷えに気付かない…

ふくらはぎや内ももが冷えてる方に、「レッグウォーマーして寝てます?」と聞くと、「足がほてってレッグウォーマーをしてられない」とのこと。

原因は汗のかき過ぎです。

汗がたくさん出ると、血液中の水分が減って、血液が濃くなります。

貧血検査では優秀な値ですが、実際の血液量は少なめなので、暑いとすぐに体温が上がり、微熱状態になります。

ase

だるい、眠い、でも熟睡感ない、みたいな体で結構しんどい。

かと言って水分をとっても、すぐ尿として出てしまう体質なので、汗をかかないようにするのがベストです。

三陰交のお灸は、そんな体質を改善してくれます。

時には照海というツボを使うときもあります。

妊娠中は「もったいない」と言わずに、エアコンかけましょうね。

そしてくつ下、レッグウォーマーをつけてくださいね。

新常識!5か月に入っても運動しないで~「安全な時期」がない時代

以前は5ヶ月に入ったら、「安全な時期に入りました。動きなさい」と言われたものです。

親の世代は、自分の時の感覚で「大事にばかりしているとお産が大変よ」と言ってきます。

でもちょっと待って!

最近のお医者様は、体のしっかりした妊婦さんに対してしか「動きなさい」と言いません。

「運動しなさい」とおっしゃる時期も、正規産に入る37週以降になってきました。

妊婦さんの方では、本格的にお腹が大きくなって動きづらくなる前に、買物や友人とのランチを済ませておきたいと、つい予定満タン。

連日お出かけして、うろうろ歩き回っていると・・・・出血した!

切迫早産で入院って言われた!とびっくりすることになります。

腹痛

ほとんどは自宅安静を守っていると、事なきを得ます。

その際の注意点

  1. 安静はトイレに行く以外は横になってゴロゴロしておく
  2. 何度も骨盤高位する(特に子宮頸管が短いと言われた方)
  3. 目を休める(パソコン、携帯は特に疲れます)
  4. 骨盤ベルトの高さにさらしを巻く
  5. 下半身を温めて、とにかくお腹を張らせない
子宮頸管が25mmくらいになると、安静と入院が推奨されます。

家ではどうしても安静になる環境がない、

という人は入院させてもらってください。

ここは無理するところと違います。

この時期に運動しておかないとお産がしんどいのに・・・と焦る必要はありません。

安産灸で子宮周りが柔軟になっていれば、運動は臨月に入って集中して行えば間に合います。

だがら5か月になっても、1日に複数の用事を入れたり、連チャンでお出かけしたりするのは控えてください。

お腹が張るのは、母体の疲労のサインでもあります。

予定は休み休みこなしてくださいね。

妊婦さんのむくみ~甘く見てはいけない2つの場合

妊娠中はエストロゲンというホルモンが、体に水をためようとします。

胎児に血液を供給するために、血液が平常時の1.4倍になるので、血液中の水分が増えます。

羊水はもちろん、胎児を守るために筋肉も水分を含んで、柔らかいクッションを作るのですね。

体重増加による運動不足とか、座った姿勢の圧迫増加とか、足に行った血液が戻りにくい条件も増えます。

こういう生理的なむくみのほかに、注意しなければならないむくみがあります。

妊婦さんの休息
(↑出典:生活の木ページ)

 

  1. 貧血によるむくみ
    貧血になると、心臓はいつも以上に負担をかけながら、全身に新鮮な血液を送り届けようとします。
    それが長期間続くことによって、下半身などに血液が溜まるようになってきて、結果的にむくみが発生しやすくなってしまいます。
    貧血が原因でむくみが生じているときには、息切れ、動悸、疲れやすい、疲れが抜けない、ふらふらするなどの症状も一緒に現れるパターンが多いです。
    貧血はママにも胎児にも酸素と栄養が届きにくいので、どちらも疲れやすく、赤ちゃんの成長にも関わってきます。
    出産の際には、陣痛微弱の原因の一つであり、出血過多の原因にもなります。
    できるだけ早い時期に、貧血を解消してください。
  2. 塩分の摂り過ぎによるむくみ、急な体重増加によるむくみ
    妊娠中は普段より体の水分が多いため、水分をろ過する腎臓はフル回転。
    だから塩分は妊娠前より控えないと、腎臓のポンプ作用がうまくはたらかないのです。
    1ヵ月に1キロの体重増加ならOKですが、体調がよくてうっかり食べていると、すぐに1ヵ月に2キロくらい増えてしまいます。
    体重増加には、水分増加も伴うので、同じ理由で腎臓に負担がかかります。
    特に「1週間くらいで急にむくんだ」という場合、妊娠性高血圧の予備軍の可能性があります。
    妊娠性高血圧は、出産時に命にかかわることもある、危険な症状です。
    くれぐれも「まごわやさしい」の食事をとり、急な体重増加を防いでくださいね。

三陰交にお灸をするとどんなイイコトがある?~東洋医学的考察

安産灸に使うツボは三陰交(さんいんこう)だけです。

三陰交はどんな作用をもつツボか、説明します。

三陰交とは、3つの陰の経絡が交わる(接近する)ところ、という意味です。

陰の経絡とは、内臓につながる気の通り道のこと。

つまり、胃腸機能、膵臓機能につながる脾経

血を蓄えたり気をのびやかに巡らせる肝経

生殖や体のエネルギーの強さを表す腎経の3つに影響を与えられるツボです。

身体つぼ画像
(↑出典:イトーレーター倉敷ページ クリックすると拡大します)

3つの経絡は接近したり離れたりしながら、足の親指まわりから内くるぶし、内股を上がってきて生殖器、子宮に入り、それぞれの臓腑に流れていきます。

だから安産灸として、子宮を温めるのが最大の役割。

 

脾経のツボとしての役割は、

メインは

消化吸収機能向上、長引くつわり改善、赤ちゃんの胃腸が強くなる

水分コントロール機能として、むくみ取り、雨の日の不調改善、鈍く重い頭痛を改善

血を作る・増やす機能として、貧血予防と改善

心とのつながりから、ホルモンの影響による感情のゆらぎを改善

 

肝経のツボとしての役割は、

イライラをしずめて気血をのびやかにする、お腹の張り改善

血を蓄えたり分配するが、特に目に血を補って疲れ目を改善

脳内に入って、ホルモンの調節。(子宮収縮、乳汁分泌)

 

腎経のツボとしての役割は、

ズバリ生命力向上、代謝促進

強い冷えの改善、老廃物の排出。

いろいろ書きましたが、難しいことはわからなくても、「三陰交はなんだかたくさんの効能があるツボだなー」

と思いながら安産灸をしてもらえたら十分です。

安産灸は5カ月過ぎて、胎動を感じてから

安産灸ネットワークでは、安産灸を始める時期を「胎動を感じてから」と決めています。

5カ月というのは、イヌの日のお祝いがあるように、胎盤が完成して一安心という時期です。

ただ胎盤の完成時期には16~20週と個人差があります。

なので、一番確実な妊娠継続のサインは胎動です。

初産婦さんは最初わかりにくいので気付く週数は遅いですが、わかり始めると毎日わかります。

「あ、今日も生きてくれててありがとう!」と思えます。

そのうち、動きの激しさ、おとなしさで、赤ちゃんの体調や感情が伝わってきますよね。

胎動画像
(↑出典:にんぶろぐページ)

三陰交に安産灸を入れると、赤ちゃんの動きがお灸の前後で変わります。

お灸の効果が自分の体だけでなく、胎盤を通じて赤ちゃんにも影響することを実感できます。

「安産灸はママから赤ちゃんへの最初のプレゼント」なのです。

忙しいワーキングマザーや子育て中のママにとって、1日の終わりにするお灸は、自分へのいたわりのひと時であり、1日5分赤ちゃんと向かい合う貴重な時間でもあります。

どうか、出産の日まで安産灸を続けてください。

マタニティの蕁麻疹、湿疹~痒みが治まるお灸

妊娠性掻痒(そうよう)症はホルモンバランスの崩れでおこり、出産とともに治まります。

最初はどこか一部がカサカサしてたのが、だんだんかゆくなって、ある日一気に広がる経過が一般的。

かゆみは痛み以上に辛いものかもしれません。

かけばかくほどかゆくなって、気が狂いそうになります。

うちの娘が子供の時アトピーだったので、一晩中冷やしたり掻いてやったりしました。

だから痒みのつらさは想像できます。

妊娠中はかゆみ止めの飲み薬が使えないので、出してもらえるのは塗り薬だけです。

産科で出してもらえる塗り薬は、赤ちゃんに悪影響のないものが処方されます。

必要以上に怖がらず、かゆい・眠れないといったストレスを減らしましょう。

皮膚の赤みはともかく、まず痒みを軽減すること。

鍼灸では肩グウという肩の付け根のツボにお灸をします。

安産灸ネットワークでは、カマヤミニ弱を使います。

少し熱いのを我慢してからとります。

たいていは熱さの感じ方に左右差があって、全然感じない方はもう1個すえます。

左右が同じくらいの熱さを感じたら終了です。

このお灸は即効性があり、すぐに痒みが軽減されるので感激されます。

普通に元気な方なら1日2回まですることができます

お灸で痒みが治まるのは、カゼの時と同じように皮膚表面にこもった熱を、発散させる作用のためです。

かきむしって汁や血が出ると痒みが治まるのは、こもった熱が発散されるから。

患部が熱をもっているなら冷やしますが、保冷剤ほど冷たくすると、かえって後でよけいに痒い。

水でしぼったおしぼりをビニール袋に入れて、熱い箇所に当てるといいです。

塗るクリームやローション系では、ヨモギエキス入りが割といいです。

私はお風呂に乾燥したヨモギを、お茶入れ用の袋に入れたり、古くなったヨモギ茶を湯船に浮かべます。

温まるけど、痒みはましです。

また、痒い部分がまだ小さかったら、市販の漢方薬系ぬり薬の湿布がおススメです。

ガーゼにうすく伸ばして、痒い所にべたっと貼り付けます。

妊娠性の湿疹に限らず、皮膚科の薬を塗っても治らない湿疹でも結構効きます。

痒みを抑えてくれるだけでなく、皮膚の再生も促します。

ただ、市販の漢方薬系ぬり薬の赤い色は、服につくと落ちにくいので、汚れてもいい服で湿布してくださいね。

腹筋を鍛えておこう~切迫早産を防ぐ

5か月になると、やっとつわりから解放されて、仕事復帰して少し出歩こうかと思っていた貴女。

ところが検診に行ったら「お腹が張ってますね」

「子宮頸管が短くなっているので自宅安静」と言われてしまいました。

onakahari

「安静」をなめてはいけません!

「安静」とは、トイレに行くときのみ動く、くらいに考えてください。

もし、今産まれてきてしまったら・・・・

赤ちゃんは1000gくらいの小さな体にチューブをいっぱいつけられてしまうのです。

その現実を想像してみてください。

それは、妊婦さんの腹筋のなさと関係あると思います。

学校を卒業してから運動してないという人が多く、腹筋のないお腹の皮はとても薄いです。

そして、お腹の形は臨月の妊婦さん並みに下がっています。

すごく頑張って歩いた日にお腹が張るのは普通のことだし、少し横になっているとおさまります。

この程度なら問題ありません。

でも、家の中で少し動いただけでお腹が張る、子宮頸管が20mmに近くなってきているとなると危険です。

どうしてもお腹に置いて育ててあげるには、安静と温めと骨盤高位しかないです。

起きないといけない時は、骨盤ベルトや妊婦帯でお腹を支えてください。

妊娠中期をほとんど横になってすごすのが嫌なら、ぜひ腹筋を作っておいてください。

腹直筋の腹筋割れはいらないです。

呼吸でお腹を引っ込める時に使う、深部の腹筋が必要です。

これがサラシでまくのと同じ方向の筋肉を作ります。

もうすでに毎日寝て過ごしているという方!

なんとか37週までお腹の中にいさせてあげてください!

長い妊娠期間でしょうが、朗報をひとつ。

もうすでに赤ちゃんは下がり気味なので、陣痛時間は短いです。

出会える日を楽しみに頑張ってくださいね。

安産とは安全・安心なお産のこと

安産のイメージは経腟でスルリと産むイメージですよね。

でも、ママがいくら準備しても、実際は赤ちゃんが産まれ方を決めているようです。

お腹の状態はいいのに逆子が戻らない~と思ったら、赤ちゃんの奥に隠れた部分に筋腫があって、帝王切開した時に一緒に切除してもらえたママがいました。

陣痛が始まってもなかなか降りて来なくて、緊急帝王切開になった赤ちゃんは、頭がママの骨盤より大きくて通れなかったとわかりました。

やはりなかなか降りて来なかった赤ちゃんは、ヘソの緒が2回巻いてたり、ヘソの緒がたった20cmだったりしました。

赤ちゃんは危険を回避するために、産まれる方法、産まれるスピードを決めるんですね。

baby-0124

安産とは、「ママと赤ちゃんがどちらも元気で初対面できる出産」のこと。

だから、経腟でも帝王切開でも、どっちでもいいじゃありませんか。

高齢のため、経腟より帝王切開の方が体力消耗が少ない、と医師からの提案に従う方もおられます。

母体も赤ちゃんも守られるのなら、その選択は正解です。

親子の絆が産み方で変わるはずもありませんし。

経腟でスルリと産みたいと、ママが努力してきたことは、赤ちゃんはわかっています。

お灸を積み重ねてきた赤ちゃんは、相対的に胃腸が丈夫で育てやすいです。

ちゃんとママからの贈り物(お灸をやってきたこと)に、赤ちゃんは応えてくれてます。

そのように、双方が元気で育児のスタートに立てたことが、安産なのです。

どんな産まれ方でも、安産でした!と胸を張って言っていいよ・・・

これがリブレの願いです。

安産灸の目的

「妊婦さんにお灸」というカルチャーは雑誌たまひよなどで紹介されて、随分広がってきたようです。

数年前には中山寺でチラシを渡しても「お灸?!」と笑ってはった妊婦さん達が、最近は「チラシくださ~い」と声かけてもらえるようになりました。

baby-anzan-225x300

チラシには「ポコンと産まれる元気な子」と書いているので、みなさん「ポコンとやてー!(笑)」と反応してくれます。

お灸だけでポコンといく訳ではないんですけどね。

お灸をしていると、先生に産ませてもらう気分から、自分で「いいお産にしたい」という気持ち に変化していきます。

それこそが、安産灸ネットワークのめざす自立した出産、育児につながる出産なのです。

自分でお灸をして生活習慣を整えて出産に臨んだママは、出産時に自分の力を信じることが上手なように感じます。

毎日お灸をしていると、体の変化に敏感になって、お灸の効果もからだのあちこちに感じるようになってきます。

「足が温もる」から「お腹が温もる」「体の芯がほっこりする」とか、「胃がすっとする」「足のだるさがとれる」とかわかるようになります。

だから未病の段階で治すことができる体になっていくのです。

人にお任せでなく、手間を惜しまず、自分でお灸することで得られる多くの財産を、ぜひ受け取ってほしいです。