枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

基礎体温からわかること~生理不順の状態を考える資料として

基礎体温を正確に測るには、まず規則正しい生活です。

同じ6時間寝ても、12時から6時と夜中の2時から8時では体温は変わります。

それだけでも、基礎体温を記録する難しさがあります。

睡眠時間が昨日は5時間、今日は7時間なんていう方もガタガタになります。

夜勤のあるお仕事のかたも、なかなか本当の体温は測れないので仕方ないですね。

基礎体温表

こんな理想的な基礎体温なら素晴らしいですね~

どこが素晴らしいかというと・・・・

まず低温期が高い!

最近は平熱が36.5℃もある方はめったにいません。

(逆に日々しんどい人で、36.7~8℃というのは微熱傾向です)

そして日々の変動は0.1程度。

これは自律神経がしっかりと余裕を持っているので、少々の気温や環境の変化で体が動じないことを表しています。

次に排卵から高温期の上がり方。

一度下がった体温が、一気に上がっています。

成熟した卵が一気に卵巣から飛び出せているのです。

低温と高温の境目がダラダラあがる方は、この押し出す力が弱い。

また、低温と高温の温度差がはっきりしないのは、無排卵の可能性もあります。

高温期の温度も高からず低からず、0.3~0.4℃上がるのがgood。

37.0℃以上に上がるのは、血液不足の可能性が。

やかんの水が少ないとすぐに沸騰するのと同じです。

その上しっかり高温期が11日以上ある。

高温期を保つ体のパワーがあるとみなします。

生理の始まりもダラダラ始まらない。

ダラダラ始まるのは、まだ体温が落ち切ってないのに子宮口を締める力が弱っているか、体温は落ちているのに子宮口の開きが悪いかのどちらか。

これも虚実の原因を調べて、調整していくことができます。

生理不順で困っておられるなら、一度基礎体温をつけてみてはいかがですか?