枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

逆子と言われたら一日でも早く対策を~冷えの改善には最低2週間

大阪の人は東京に比べて、お灸に来られる週数が遅いです。

先生も「まあもうちょっと様子見よか」とのんびりされているし、ママのほうでも「なんとかなるやろ」って感じです。

実際、それくらいお気楽なほうが、戻ったりもするんですが、それはお腹の状態がそこそこ良いという前提です!

最近は逆子体操の有効性を疑問視する考えも出てきているので、先生も逆子体操を勧められないこともあります。

だからよけいに「何もせずに様子を見ておけばいいんだな」と思ってしまいます。

何もしないで「今までと違う結果」を求めるのは無理がありますよね~。

 

kenshin

そして、先生に「次の検診で戻ってなかったら、帝王切開の予約してね」と言われて慌てます。

リブレにお電話があった時、すでに33~34週の方が多いです。

そして赤ちゃんの体重が2300gとかになっています。

あまり「でんぐりがえりスペース」がないやん!

お腹が広くて、あまり冷えも疲れの蓄積もないなら、1週間くらいで戻るのですが、硬いお腹が、ふかふかあったかなお腹になるには、2週間くらいはかかります。

33~34週で来られてから2週間となると、時間との闘いになってきます。

「これが30週くらいなら、余裕でもどるのになぁ」と思う方はいっぱいおられます。

東京では鍼灸師から産科医への働きかけもあって、割と週数の浅い段階で先生がお灸を勧めてくださいます。

それでたいてい安産灸だけで30週くらいに頭位になっていきます。

下の方を蹴られてると気づいたら、安産灸を早めに始めるといいいですよ。