枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)

枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)
枚方の女性鍼灸・不妊・逆子ならレディース鍼灸リブレ(公式)
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院、レディース鍼灸リブレ。不妊・妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期等女性一般鍼灸や女性整体にも対応。

逆子ちゃんが足を伸ばしていると言われたら

逆子と診断されるのは、28~30週くらい。

その時、先生から「赤ちゃんが足を伸ばしてるから、戻りにくいかもね」とか、「足が顔の前にあるね」とか言われることがあります。

図のように、V字バランスをして座ってる逆子ちゃんを、単殿位といいます。

baby-sakago-112x150

お母さんのお腹の中で運動していて、何かの拍子に、たまたま足を伸ばしたまま、子宮の壁に足が突っ張ってしまったのです(汗)

誰のせいでもありません(泣)

逆子ちゃんは、お腹の中で前まわりをして頭位になります。

マット運動でも、V字バランスからの前転は「伸身前転」という難しい技ですよね。

だから、まず赤ちゃんが足を自由に動かせるように、普通の逆子さんよりお腹をユルユルにしてあげることです。

施術の週数は、早いほど助かります。

単殿位の時の注意は、「赤ちゃんの位置を下げないこと」です。

赤ちゃんのお尻が骨盤内にはまり込むと、動きにくくなります。

でも単殿位の赤ちゃんは、足が上にあるから、破水のリスクは減ります。

いいこともあります。

単殿位は一般的な逆子体操や逆子の寝方では、なかなか戻りにくいのでママのお腹に合わせてアレンジをします。