枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

つわりを楽に乗り切ろう~においへの意外な対策とは?

つわりで吐き気を誘発するのは、においと空腹です。

ご飯の炊けるにおいが苦手になる方は多いですね~。

それでパンばかり食べている。

この時期は赤ちゃんへの栄養面はそれぼど気にしなくていいので、自分の体力を落とさないことを考えましょう。

パンでも何でも食べられるものを食べましょう。

ダンナや上のお子さんのためにご飯を用意しなくちゃならない時は、レンジでチンするご飯を利用してもいいですね。

においがかなりましです。

特定の食べ物のにおいがダメなら、その時期は食べなければいい。

家の中ののにおいや近所からのにおいがダメな場合、部屋に無臭の消臭剤を置きまくります!

全部屋に置くのではなく、自分の周りに数個置いて、徹底消臭します。

芳香剤入りは逆効果なので気を付けて。

自然派の方は備長炭もおススメです。

備長炭画像

また、空腹になると胃液が上がってきますから、胃液を吸い取るおせんべいやビスケットを食べると落ち着きます。

空腹にならないように時々食べる。

枕元に置いて、起きる前に食べるとよいです。

食欲がない時は、炭酸を飲んだり口をすすいだりするとサッパリします。

ジャンクなものを無性に食べたくなる方もも多いです。

ポテチは人気かな。

罪悪感は不要です。一時的なものだから。

食べられなくても、なんとか水分は入れてください。

足・腰・胃の裏・肩甲骨の間で気持ちの良いところをホットタオルで温めて。

味噌汁は飲みやすいことがあります。

水分さえ吐いてしまって、おしっこが1日3回以下になったら、迷わず病院で点滴を受けてくださいね。