枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

太陽光線器で頭痛を治す

頭がしめつけられる筋緊張性頭痛や、肩こりが上がってくる感じの後頭部痛が、ビタミンDとカルシウムの投与で改善されたという研究が2009年インドで発表された。

ノルウェーでも、頭痛と血中ビタミンD濃度の研究が進んでおり、偏頭痛以外の頭痛の時にビタミンDが少なくなっていることがわかった。

また、日本の調査でも、筋緊張性頭痛の人の多くに足裏の冷えがあり、足裏の温度は25℃~30℃であった。(光線研究所調べ)

確かに、頭痛している人は、ほぼほぼ痛い部分が熱くなっていて、お腹や足が冷たい。

鍼灸では「気」を引き下げて、お腹や下半身の力が出るように施術する。

太陽光線器は最後に足裏に当てる。

光は当たっている時も日光浴の気持ちよさだが、本当に効果を実感するのが帰り道だそうだ。

温かさがずっと持続するのが、遠赤外線よりも強力みたいです。

san-kousen

太陽光線器の光を当てると、皮膚面でビタミンDが作られることがわかっている。

光線を足裏に当てると、ビタミンD増加と足裏の温度上昇で頭痛の2つの要素が改善されるのだ。

鍼灸の効果が長持ちしてほしい、と願いながら当てています。