枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

むちうち直後のアイシングと鍼

交通事故や転んだ時の首への衝撃は、体重の何倍もの力がかかってます。

muchiuchi

直後は痛みが出ていなくても、首・肩・背中の張りにとにかくアイシング!です。

保冷剤などにタオルを巻いて、冷たくて感覚がなくなるくらい冷やします。

筋肉だけではなく、首の骨、背骨のきわもよく冷やして下さい。

aicing

事故の時、体は全力で防御体制をとって、筋肉を締めて受け身をしてくれます。

本当にその瞬間の反応たるや、素早く頼もしい限り!

しかし事故の衝撃が筋肉の防御力以上だったら、筋肉や神経が損傷します。

すると腫れてきて熱をもってきます。

この時が勝負!!

あまり痛くないからと何もしないでいると、翌日からズキズキが始まります。

冷やしておくと炎症が抑えられて、痛み物質は溜まりません。

骨のきわには自律神経の出口があって、ここもアイシングするといいと思います。

事故のあとは、体が防御反応を覚えてしまい、衝撃が来ていないのに固まろうとする反応が残ります。

骨際をアイシングしておくと、この反応がかなり抑えられる感じがします。

鍼では痛みの出ている炎症患部はさわりません。

まず熱と痛み物質を動かすために、指先から熱をもらします。

そして、びっくりしている体と心を緩める作用をもつツボに鍼をします。

すでに痛みが出ているなら、傷んでいる経絡を調べて手足のツボに鍼をします。

漢方薬なら桂枝茯苓丸か治打撲一方を通常の倍から3倍量服用して、内出血を排出します。

どこかを探す前に、とにかくしっかりと冷やすことです。

3日目までは、触ると筋肉が熱いはず。

お風呂にも浸かってはダメ。熱いうちは冷やす。

うまくいけば、痛みが出ないことも。

4日目以降は熱が収まってくるので、ここからは温めに転じます。

濡れタオルをチンしてホットパックを作り、痛み物質を血液に吸収させましょう。