枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

つわりのつらさ~突然つわりがなくなったら?

「朝起きたら、昨日までひどかった朝のムカムカがスカッとなくなって、トイレに行ったら出血した・・・」

流産経験者はこのように言われます。

早い人は、受精卵が着床して間もなく始まるつわり。

11週くらいがピークで、胎盤が完成する16週くらいにおさまってくる方が多いです。

しかし、つわりのつらさで来られる方は、辛抱できないくらいのむかつき・嘔吐があります。

これから何週間続くかわからない吐き気や、妊娠初期にこんなにしんどくて出産までたどりつけるか?という不安感。

「妊娠するんじゃなかった」とまで思うほどの、つらさを抱えて来院されます。

つわり画像

(↑出典:メディカルイラストページ)

また、ホルモンの変動によってナーバスになっている時期なのに、男どもの無神経なこと!

「つわりは精神的なものが大きいからね」という医師。

そうかもしれないけど、それを言って何になる?

「寝とけば?」「病院行けば?」としか言わない夫たち。

どうしてあげたらいいのか、わからないんだよね。

こうして、つわりで苦しいだけでなく、精神的にもダメージを受けてボロボロ・・・

で、施術のはじめに、冒頭の流産経験者の言葉をお伝えします。

すると、ママ達は「つわりがあるってありがたいことなんですね」とつわりに対する見方が変わります。

これだけで、つわりの辛さはかなり軽減します。

吐き気、嘔吐の回数や、体力、随伴症状(頭痛、だるさ、背中の痛みなど)に合わせて、内関、陽池、ダン中、膈兪、胃の六つ灸といったツボから、2~3穴を選んでお灸します。

家でのお灸は、吐き気が強くなる前のタイミングですえてもらいます。

毎日お灸をしていると、数日のうちに動ける程度になってきます。

1週間後にお電話を入れて体調をお尋ねするのですが、ほとんどの方が「なんとかなりそうです」と言われます。

「では、また安産灸でお会いしましょう!」