枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

安産のコツ(3)~脱力できるかな?

お産で赤ちゃんが前進するのは、陣痛が来てる時でしょうかインターバルの時でしょうか?

答えはインターバルの時です。

陣痛の時は赤ちゃんも子宮の圧迫に耐えてジッとしています。

インターバルの時に脱力できれば、赤ちゃんはその隙に降りてきます。

ところが、次の陣痛がいつ来るかと身構えて力が入ってると赤ちゃんは降りて来られません。

子宮は不安や恐怖で交感神経が働くと、収縮が強くなって痛みが増す性質があります。

逆に赤ちゃんの降り方が遅くて子宮収縮が効果的に働いてないと察知すると、副交感神経が働いて収縮リズムを遅くしてくれます。

こういう子宮自身のコントロールに任せるには、リラックスが一番だそうです。

sandou-1

(↑出典:DearMomのページ)

リブレでは出産準備の施術の時に、上手に力を抜くための自律神経訓練CDをお渡ししています。

力の抜き方がわからない方も多いですし、できれば力を抜きたい筋肉を意識的に抜いてほしいし、それには練習が必要です。

力が抜けるようになって初めて、何にもない時に力が入っていた自分を発見します。

力が上手に抜けるようになれば、普段の疲れ方がとてもマシになるので、この機会に身につけておくと一生の財産ですよ(^_^)v