枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

安産のコツ(2)~カルシウムを摂ろう

カルシウムというと、ママと赤ちゃんの骨や歯を強くする栄養素ですよね。

でもそれだけではありません。

子宮の収縮にカルシウムが重要なのです。

shikyuryoku

進純郎(しん・すみお)著の子宮力には、子宮収縮のメカニズムが詳しく書かれています。

子宮の筋肉はとても特殊な平滑筋で、心臓と同じように疲れて止まることがない筋肉です。

しかも、鶏卵大から風船大まで何倍も伸び縮みする筋肉は、体のどこにもない。

特殊といえば、普通の筋肉は収縮の時に筋肉内にあるカルシウムを使うのですが、子宮の筋肉は、細胞外のカルシウムをかき集めて使います。

カルシウムの貯蓄にエネルギーを奪われないので、子宮はよけいに疲れにくいらしい。

そのため、出産まで100回以上の陣痛にもかかわらず、最後まで大きく収縮するのです。

しかし体内のカルシウムが少ないと、収縮が弱くなって、出産が長引きます。

赤ちゃんの都合による陣痛微弱もあるけれど、カルシウム不足の微弱は予防したいです。

やはり和食に合うのは小魚。

私の母は姙娠がわかってから、毎日チリメンジャコを食べたと言ってました。

母の子宮収縮は聞き損ねましたが、私は50年以上虫歯になったことがないです。

少々歯磨きが手抜きでも、甘いものを食べても平気。

歯の質がいいそうです。

うちの娘たちも虫歯経験はないけれど、私の方が歯の質は良いと言われました。

娘が3歳くらいの時に「今から小魚を食べさせて、私のように強くなりますか?」

と先生に尋ねたら、

「歯の質は胎児の時に決まる、手遅れ」とおっしゃいました。

子供の歯の質と、子宮収縮のために、カルシウムを摂って下さいね。

適度に日光に当たってビタミンDをつくり、マグネシウム(ナッツ類、海藻類に多い)といっしょに摂るとカルシウム吸収率が上がります。

日焼けがどうしても許せない方は、リブレの太陽光線器に当たりにきてくださ~い(^_^)/