枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

安産のお灸のリアルな効果~お産の現場に入って

安産灸のツボとして、内くるぶしの少し上の「三陰交(サンインコウ)」と、逆子のお灸のツボとして、足の小指の「至陰(シイン)」が有名です。

三陰交にお灸をする効果は、骨盤内臓器への血流量アップ。

これは、サーモグラフィーでお灸前、お灸後のお腹の温度を測って証明されました。

鋭敏な方は、お灸をすると「お腹がポッと温かくなった」「足がジーンとした」なんて言われます。

お腹の皮が軟らかくなって、赤ちゃんは急に動きが激しくなります。

確かに血流がよくなったみたいです。

至陰へのお灸の効果は、「熱がたくさん入る」と言われています。

また赤ちゃんとママとの陰陽を整える。

ママが外側で陽なら、赤ちゃんは内側で陰、ママが頭上向きで陽、赤ちゃんは頭下向きで陰、というように逆子を治してくれるツボです。

至陰画像
(↑出典:こそだてハックページ)

お産の現場では、まどか助産院の先生と安産灸ネットワーク代表が、呼吸もぴったりに陣痛に耐えるママに寄り添っています。

赤ちゃんの頭が見え隠れする頃、お産の進みが遅くなってきました。

すかさず三陰交にリズム良くお灸を10壮程度すえると、会陰の薄い皮がススーッと広がって赤ちゃんを押し出すように動きます。

まもなくお産は無事終了して、胎盤もきれいに出ました。

私はそのあとの至陰のお灸を15壮させてもらいました。

糸状の細いもぐさを焼切ると、ママはお腹を押さえて「イタイイタイ!」と言われます。

熱さがキュッと入ると、1秒後に「イタイイタイ」の繰り返し。

お産の後の至陰は、確かに子宮収縮に効いていました。

助産師さんが子宮底の位置を触診すると、もうおへその4~5cm下まで縮んでいました。

普段は目に見えないお灸の効果を、目の当たりにして衝撃でした。