枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

三陰交にお灸をするとどんなイイコトがある?~東洋医学的考察

安産灸に使うツボは三陰交(さんいんこう)だけです。

三陰交はどんな作用をもつツボか、説明します。

三陰交とは、3つの陰の経絡が交わる(接近する)ところ、という意味です。

陰の経絡とは、内臓につながる気の通り道のこと。

つまり、胃腸機能、膵臓機能につながる脾経

血を蓄えたり気をのびやかに巡らせる肝経

生殖や体のエネルギーの強さを表す腎経の3つに影響を与えられるツボです。

身体つぼ画像
(↑出典:イトーレーター倉敷ページ クリックすると拡大します)

3つの経絡は接近したり離れたりしながら、足の親指まわりから内くるぶし、内股を上がってきて生殖器、子宮に入り、それぞれの臓腑に流れていきます。

だから安産灸として、子宮を温めるのが最大の役割。

 

脾経のツボとしての役割は、

メインは

消化吸収機能向上、長引くつわり改善、赤ちゃんの胃腸が強くなる

水分コントロール機能として、むくみ取り、雨の日の不調改善、鈍く重い頭痛を改善

血を作る・増やす機能として、貧血予防と改善

心とのつながりから、ホルモンの影響による感情のゆらぎを改善

 

肝経のツボとしての役割は、

イライラをしずめて気血をのびやかにする、お腹の張り改善

血を蓄えたり分配するが、特に目に血を補って疲れ目を改善

脳内に入って、ホルモンの調節。(子宮収縮、乳汁分泌)

 

腎経のツボとしての役割は、

ズバリ生命力向上、代謝促進

強い冷えの改善、老廃物の排出。

いろいろ書きましたが、難しいことはわからなくても、「三陰交はなんだかたくさんの効能があるツボだなー」

と思いながら安産灸をしてもらえたら十分です。