枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

ヨダレつわり~ホルモンの作用だというものの・・・・

「ヨダレつわりは触るな」と施術者の間では言われるそうです。

なかなか治せないから。

ほとんどの方が、出産まで引きずるみたいです(泣)

今までにお二人見せていただきましたが、1勝1分でした。

お一人はヨダレつわりになり始めの所で施術を開始し、2週間でおさまりました。

もうお一人は、すでにヨダレで夜も眠れない状態でした。

最初は、「嘔吐の回数が多いな」という程度だったそうです。

その状態が2週間ほど続き、だんだん食も細くなってきた頃ヨダレは始まりました。

だからヨダレつわりの原因としては、ヨダレが飲みこめないほどの胃の逆流感(肝の作用)と、咽から胃腸に向かう下向きのぜん動運動の弱り(腎の作用)と思います。

晩御飯を食べるとムカムカがひどくなって、ヨダレが流れ出し、嘔吐してしまう。

夜もヨダレは続き、口にいっぱい溜まるまでの5~10分間ウトウトしては、吐き出しに行き、また横になるという状態。

ヨダレがこぼれないように、無意識で強く口を結んでいるので、顎から肩も凝る。

よだれつわり

(↑出典:ラインスタンプ)

ヨダレつわりの対策としては、肝の作用を落とすか、胃腸機能の底上げか、水分代謝の腎機能アップかと予測して、体をみせていただくと、腎が冷え切っていました。

嘔吐を繰り返して、徐々にエネルギーの生産が落ちていき、それでも赤ちゃんは冷やさないようにエネルギーを与えてしまった結果、ママの体は冷えてしまったようです。

東洋医学では、腎は蒸気機関のように水を気化させて、全身に潤いとエネルギーを拡散する役割です。

この水を気化する力が落ちて、ヨダレになったと考えました。

足の裏の涌泉が大きく凹んでいたので、ひたすら棒灸で温めました。

すると唾液が減って、口が閉じられるようになりました。

睡眠がとれるようになると、体の回復は早くなって、ヨダレは食べ過ぎた時にひどくなるくらいになりました。

結局、多めの唾液は出産まで続き、産後1週間で完全に止まりました。

ネットでみると、「分娩台を降りたとたんに止まりました」なんて書いてあって、いつ止まるかかなり期待したんですけどね~