枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

帝王切開した方の産後ケア~焦らないでも大丈夫

初めての手術に傷の痛み、眠れない夜を過ごされたことと思います。

翌日から歩いたり、赤ちゃんのお世話したり、休ませてはもらえません。

経腟分娩された方は、おっぱいも順調だと聞くのに、私の授乳はうまくいかないなぁと悩まれているかもしれません。

teiousekkai-2

でも心配はいりません。

帝王切開ではママの体の修復にエネルギーが使われるため、授乳にまわるエネルギーは数日遅れます。

たった数日なので、入院中は遅れを感じますが、退院後は追いつきます。

母乳は産後1ヵ月くらいでペースができればいいんです。

また帝王切開でいいこともあります。

  • 骨盤が開いてないこと。
  • それに伴う筋肉ダメージもないので、尿漏れなどの心配がない。
  • 出血量はコントロールされて、産後貧血になりにくい。
  • 胎盤などがきれいに剥がされるので、子宮がきれいに戻る。
  • 会陰切開や痔などの辛さを引きずらない
自信を持って子育てに臨んでください。

1つだけ気を付けてもらうことは、経腟分娩の方のようにお腹を締め付けないこと。

手術のあとの癒着を防ぎたいのです。

腹帯は傷の保護と考えてください。

お腹を締めるのは、産後1ヵ月検診のあとでも十分間に合います。

それまでは、できるだけ身の回りのことと赤ちゃんの世話だけして、無理しないでね。