枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。妊活支援、マタニティ、産後骨盤矯正専門。頭痛、腰痛、坐骨神経痛、更年期も対応。

マタニティの蕁麻疹、湿疹~痒みが治まるお灸

妊娠性掻痒(そうよう)症はホルモンバランスの崩れでおこり、出産とともに治まります。

最初はどこか一部がカサカサしてたのが、だんだんかゆくなって、ある日一気に広がる経過が一般的。

かゆみは痛み以上に辛いものかもしれません。

かけばかくほどかゆくなって、気が狂いそうになります。

うちの娘が子供の時アトピーだったので、一晩中冷やしたり掻いてやったりしました。

だから痒みのつらさは想像できます。

妊娠中はかゆみ止めの飲み薬が使えないので、出してもらえるのは塗り薬だけです。

産科で出してもらえる塗り薬は、赤ちゃんに悪影響のないものが処方されます。

必要以上に怖がらず、かゆい・眠れないといったストレスを減らしましょう。

皮膚の赤みはともかく、まず痒みを軽減すること。

鍼灸では肩グウという肩の付け根のツボにお灸をします。

安産灸ネットワークでは、カマヤミニ弱を使います。

少し熱いのを我慢してからとります。

たいていは熱さの感じ方に左右差があって、全然感じない方はもう1個すえます。

左右が同じくらいの熱さを感じたら終了です。

このお灸は即効性があり、すぐに痒みが軽減されるので感激されます。

普通に元気な方なら1日2回まですることができます

お灸で痒みが治まるのは、カゼの時と同じように皮膚表面にこもった熱を、発散させる作用のためです。

かきむしって汁や血が出ると痒みが治まるのは、こもった熱が発散されるから。

患部が熱をもっているなら冷やしますが、保冷剤ほど冷たくすると、かえって後でよけいに痒い。

水でしぼったおしぼりをビニール袋に入れて、熱い箇所に当てるといいです。

塗るクリームやローション系では、ヨモギエキス入りが割といいです。

私はお風呂に乾燥したヨモギを、お茶入れ用の袋に入れたり、古くなったヨモギ茶を湯船に浮かべます。

温まるけど、痒みはましです。

また、痒い部分がまだ小さかったら、市販の漢方薬系ぬり薬の湿布がおススメです。

ガーゼにうすく伸ばして、痒い所にべたっと貼り付けます。

妊娠性の湿疹に限らず、皮膚科の薬を塗っても治らない湿疹でも結構効きます。

痒みを抑えてくれるだけでなく、皮膚の再生も促します。

ただ、市販の漢方薬系ぬり薬の赤い色は、服につくと落ちにくいので、汚れてもいい服で湿布してくださいね。