枚方の女性鍼灸・妊活・逆子ならレディース鍼灸リブレ

大阪枚方 | 逆子・安産灸・つわり・妊活支援 マタニティー鍼灸と女性鍼灸 専門 -レディース鍼灸 リブレ-
大阪枚方 レディース鍼灸 リブレ
リブレへの予約・ご相談

枚方公園駅前の女性鍼灸院。逆子、安産灸、つわりなどのマタニティー鍼灸を中心に、生理痛、生理不順、妊娠しやすい体づくり、頭痛、腰痛、更年期にも対応。

電話はここをタップ
受付時間
月・水・金 9時〜19時 火・土 9時〜15時
定休日
木・日・祝
アクセス
枚方公園駅前 西隣徒歩1分

腹筋を鍛えておこう~切迫早産を防ぐ

5か月になると、やっとつわりから解放されて、仕事復帰して少し出歩こうかと思っていた貴女。

ところが検診に行ったら「お腹が張ってますね」

「子宮頸管が短くなっているので自宅安静」と言われてしまいました。

onakahari

「安静」をなめてはいけません!

「安静」とは、トイレに行くときのみ動く、くらいに考えてください。

もし、今産まれてきてしまったら・・・・

赤ちゃんは1000gくらいの小さな体にチューブをいっぱいつけられてしまうのです。

その現実を想像してみてください。

以前は「安定期」と呼ばれたこの時期ですが、今は「安定期」は使わないそうです。

運動のススメも慎重にされています。

それは、妊婦さんの腹筋のなさと関係あると思います。

学校を卒業してから運動してないという人が多く、腹筋のないお腹の皮はとても薄いです。

そして、お腹の形は臨月の妊婦さん並みに下がっています。

すごく頑張って歩いた日にお腹が張るのは普通のことだし、少し横になっているとおさまります。

この程度なら問題ありません。

でも、家の中で少し動いただけでお腹が張る、子宮頸管が20mmに近くなってきているとなると危険です。

どうしてもお腹に置いて育ててあげるには、安静と温めと骨盤高位しかないです。

起きないといけない時は、骨盤ベルトや妊婦帯でお腹を支えてください。

妊娠中期をほとんど横になってすごすのが嫌なら、ぜひ腹筋を作っておいてください。

腹直筋の腹筋割れはいらないです。

呼吸でお腹を引っ込める時に使う、深部の腹筋が必要です。

これがサラシでまくのと同じ方向の筋肉を作ります。

もうすでに毎日寝て過ごしているという方!

なんとか37週までお腹の中にいさせてあげてください!

長い妊娠期間でしょうが、朗報をひとつ。

もうすでに赤ちゃんは下がり気味なので、陣痛時間は短いです。

出会える日を楽しみに頑張ってくださいね。